【SNSで話題】アイテックジャパンのUSB投資システム(バイナリーオプション)の評判とは?返金方法も紹介!

稼げるUSBを販売するアイテックジャパン

「何もせずにお金が増えていく夢のような話」

今、SNS上で話題でアイテックジャパンが開発した高額のUSBツールを購入すると「値段が高い上に稼げない」「マルチ商法なのではないか」と被害に遭われた方の声が続出しているので今回はアイテックジャパンが開発したUSBツールとはなにか?について着目して記事にしていきます。

高額のUSBツールの情報商材にまつわる疑問や、高額のUSBツール以外の情報商材詐欺の手口や見分け方が知りたい方は「情報商材詐欺にあった!?と思った際に今すぐ取るべき行動」も合わせてチェックしてください。

アイテックジャパン

 

概要

運営会社アイテックジャパン
所在地不明
電話番号不明
URLなし
Mail不明
事業内容情報商材販売(高額USBツール)
備考アイテックジャパンの公式HPは存在しません。大学内のコミュニティで販売されている情報商材です。

 

稼げるUSBを販売するアイテックジャパン

「なにもせずに稼げる」とうたって、とあるシステムをUSBにいれて大学内で販売している悪徳業者がニュース沙汰になっています。

 

その業者はアイテックジャパン。

 

アイテックジャパンに関しての情報を深堀りしたいのですが公式HPがないので、これといった情報がありませんが、SNSや大学内のコミュニティ内で被害者が続出中なので口コミ情報を引用してお送りします。

 

そのニュースがこちら↓

 

USB販売のマルチ商法で問題になっているようです。USBの購入者(A)が、さらに第三者の購入者(B)にUSBの紹介をして、BがUSBを購入したらAにキャッシュバックが支払われるという商材ですね。

問題となっている部分はUSBを使用しても利益が出ないという部分です。

USBを販売している業者「アイテックジャパン」は大学生を主にターゲットとしていてコミュニティ内で販売されている情報商材です。大学生は学費やら生活費やらでお金がない方も多いので、収入目的で紹介する人も多そうです。

そのUSBというのがバイナリーオプションで使用するシステムなんですが、「バイナリーオプション」という言葉を聞いたこともある方も多いのではないでしょうか。バイナリーオプションを聞いたこともない方に簡単に説明しますと数分後、数時間後の為替相場を当てるという投資方法で、現時点の価格より、高くなっているか、低くなっているかを予想するビジネスモデルとなります。

詳しいバイナリーオプションの商材の見極め方は下記から

情報商材(バイナリーオプション)の見極め方!債務整理や返金方法も解説

 

バイナリーオプションの初期投資額は1000円から始めることができ、初心者でも敷居が低いビジネスモデルで証券会社はハイローオーストラリアが有名です。

今回のアイテックジャパンは、そのUSBを紹介することで紹介した人にマージンを渡すマルチ商法です。

マルチ商法に関しては下記記事も合わせてご確認ください。

マルチ商法(MLM)を検証!債務整理や詐欺被害の返金方法も解説

 

マルチ商法というのは、紹介した人がさらに紹介者を出すというネットワークビジネスで「ア●ウェイ」とか聞いたことある人多いのではないでしょうか。ア●ウェイとアイテックジャパンの取扱商品の比較表を作成してみました。

ア●ウェイ取り扱う商品… サプリ、化粧品、日用品などなど
アイテックジャパン取り扱う商品… バイナリーシステムのUSBのみ

 

上記の例から推測すると
「バイナリーオプション」のシステムをマルチ商法に利用したケースということがわかります。バイナリーオプションのシステム以外に商品がない可能性もありますね。

さらにアイテックジャパンは以前に「カグアマ」と名乗り、その後は「kings」「ファースト」を名乗るなど社名をコロコロと変えている企業です。

会社名を変えている企業というのは万が一、ニュース沙汰になった際に警察から逃れるためだったり、顧客からのクレーム、返金対応に逃れるためだったりします。この会社名をコロコロ変えている時点からアイテックジャパンに不信感が募ります。

 

アイテックジャパンのUSBの販売手口とは?

アイテックジャパンは、定期的に大学生を対象にセミナーやスポーツ大会などを実施していて、コミュニティ運営しているようです。

そのコミュニティに集まっている会員は、
お金を稼ぎたいと考えてる学生です。

コミュニティ参加者は、大学の友人などに
「すごい投資家がいるから会ってほしい」
「必ず稼ぐことができる」
と勧誘しマルチ商法によく聞くABCという形で飲み会を開催します。

A=先輩や先生(Adviser)
B=誘ってきた友達(Bridge)
C=新規顧客(Customer)

和気あいあいと楽しい飲み会の場となりますが、ABCという形で説得されると、断る側も断りづらいので約50万円のUSBを紹介するための契約するという形ですね。

学生でお金がないのであれば、なけなしのお金をかき集めて購入するわけです。学生にとっては、約50万円もする商材は高額ですが、クレジットカードの機能である学生ローンなどで購入するケースも多いようです。

大学で毎日顔を合わす友人から販売されるため断りづらく「人間関係が壊れたらどうしよう」と悩む方も増えています。このような販売手口のため、大学でも注意喚起が呼びかけられています。

実際にアイテックジャパンのバイナリーオプションは稼げるの?

 

システムを購入した人の話によれば、勝率が悪くて勝てないとのことです。その理由としましてシステムの再現性が悪いのもそうですが、

 

バイナリーオプションにはUSBを販売するときには年200%とうたって集客しているようですが、年200%ということは月に利益率200%を叩き出して維持するということとイコールでもあります。

ただシステム上
利益率200%を叩き出すということは、
1000円から始めたとしたら

2000円稼いだら利益率100%(1000円プラス)

3000円稼いだら利益率200%(2000円プラス)

ということになります。

バイナリーオプションはペイアウト率というのがありまして予想が的中すれば約1.8倍の払い戻しになりますが、予想が外れた場合、掛けた金額がゼロとなります。

なので利益率200%がどのようなものか実際に計算しました。

<前提>

初期費用1000円
ペイアウト率約1.8倍
賭ける金額は1000円に固定
目標金額 利益率200%

<結果>

1回目の勝ち 1800円(800円プラス)

2回目の勝ち 1800円(800円プラス 計1600円プラス)

3回目の勝ち 1800円(800円プラス 計2400円プラス)

4回目の勝ち 1800円(800円プラス 計3200円プラス)※利益率200%超え

 

上記計算したように

利益率200%を維持するには
4回連続で勝たなければなりません。

バイナリーオプションというのは一回でも負けてしまった場合、利益がゼロとなりますので4回連続で勝たなければ利益率を維持できないということでもあります。

バイナリーオプションはプロのFXトレーダーでも難しいと言われ一度エントリーしたら、特定の時間が経つまで利益確定ができないので、利益確定間際、相場が逆行して損をかぶるというケースも多いようです。

なのでバイナリーオプションで利益を出しているトレーダーは少数派と言っても過言ではありません。

利益率に惹かれて商材を購入する方も多いようですが

このように誇大広告でUSBメモリが販売されるケースは多く、
過去には、投資家集団オプザイルが販売していたUSBの情報商材が
ニュースで取り上げられて逮捕されました。

(引用元:https://twitter.com/opxile7)

彼らは
・Twitterの取引画面を捏造
・米国のFX会社が無料で提供しているメタトレーダーを有償で配布
・金融庁への登録をしていない
ので、そもそも法律を違反している可能性も高いです。

法律違反をしている商材をマルチ商法で購入した側も、刑罰の対象となる可能性もあるため注意してください。アイテックシャパンとオプザイルは似ている商法だったり、警察や消費者センターでも注意が呼びかけられているため、注意しましょう。

では。

商材を購入して騙された方は…

情報商材の9割は誇大広告と宣伝文句で構成されており、
無料オファーの後に
販売される高額塾販売に関して、

LP(ウェブページ)やローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

「サポートと連絡がつかない…」
「商材を購入したが稼げない…」
「返金したくてもできない…」
「生活苦でなけなしのお金で購入したのに…」

そのような被害の遭われた方は以下のページで閲覧いただき、法律に知識がない方でもお金を取り戻せる可能性がある、返金テンプレートを無料で差し上げてます。
ぜひ御確認ください。

【2021年1月更新】今スグ出来る!情報商材の返金方法を超具体的に大公開!!

 

すぐ返金したい方は…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

菅原マメオ 30代。東京都在住。 元情報商材コレクター。 元悪徳商材被害者。 被害金額は1,000万円以上…   情報商材レビュー専門家となる。 2013年末ごろからレビューし始めた 情報商材レビューのパイオニア。