【2021年最新版】松岡沙耶のLibre(リーブル)|バイナリーオプション投資システムの評判とは?

松岡沙耶氏という人物がバイナリーオプションで使用するラインバンクという案件で投資システムを販売していましたが、今回は別のバイナリーオプションシステムであるLibre(リーブル)を新たに紹介していましたので掘り上げていきたいと思います↓

情報商材にまつわる疑問や、情報商材詐欺の手口や見分け方が知りたい方は「情報商材詐欺にあった!?と思った際に今すぐ取るべき行動」をチェックしてください。

松岡沙耶 Libre(リーブル)

 

概要

インフォプレナー名松岡沙耶
案件名Libre(リーブル)
発行元合同会社Assist
所在地東京都中央区銀座七丁目15番8号タウンハイツ銀座406
メールアドレスinfo@saya-tube.com
URLhttp://saya-tube.com/
アーカイブ
特商法http://saya-tube.com/?page_id=33

 

案内動画

松岡沙耶氏がバイナリーオプションを紹介している動画がYouTubeでみることができます。動画は10分ほどでバイナリーオプションでの取引NGの時間帯がどうなっているのか簡単に紹介している流れとなっています。

松岡沙耶YouTube

 

松岡沙耶 プロフィール

名前松岡沙耶(まつおかさや)
生年月日
副業経験せどり、ネットビジネス、営業
経歴歯科衛生士
現在会社経営、投資家、ツール開発、インタビュアー

 

松岡沙耶 Libre(リーブル)詳細について

松岡沙耶氏が紹介するLibre(リーブル)は
バイナリーオプションで使用するシステムで

・5つの流れで簡単に使用できる。

・勝率75〜85%

・利用時間は1日1時間

というのが特徴のようです。

松岡沙耶 Libre(リーブル)
バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは現在の為替相場が上がるか下がるか予想して、取引終了時間までに予想通り当たれば取引通貨に応じて払い戻し額が多くもらえるという形になります。

流れとしては

バイナリーオプションの取引までの流れ
①証券会社に登録
例:ハイローオーストラリア等
②取引通貨の選択
③取引通貨でペイアウト率(払い戻し)
④エントリー
⑤取引終了時間まで待つ

という流れになります。

エントリーして予想通りに相場が動かなかった場合の掛け金はゼロとなりますので一部の人からはギャンブル感覚、FXより難しいと言われているのがバイナリーオプションの特徴です。

バイナリーオプションの情報商材について詳しく知りたい方は下記もオススメ

情報商材(バイナリーオプション)の見極め方!債務整理や返金方法も解説

 

松岡沙耶 Libre(リーブル)
システム 5つの流れ

Libre(リーブル)のシステムの流れとしては動画内でも紹介していましたが

システムの流れ
  1. 上か下か矢印が表示される
  2. カウントダウン
  3. 経済指標が表示される
  4. 勝率がわかる
  5. 勝敗履歴が表示される

と発言しています。

 

これまでのレビュー経験からシステムの内容を簡単に説明していきますと

 

①上か下か矢印が表示される
エントリーの際に必要なサインとなっており上であれば買い(ロング)でエントリー下であれば売り(ショート)でエントリーするサインとなっています。

②カウントダウン
チャートにはローソク足というものが表示されるのですが、1分足だったら1分につき1本、5分足でしたら5分につき1本される、次のローソク足が表示されるまでの残り時間ということになります。

※ローソク足とはどういうものか?MT4を事例にスクリーンショットを貼っておきます↓

 

③経済指標が表示される
経済指標というのは、毎月相場が動くアメリカ雇用統計が一番有名です。
チャート上に経済指標が一覧に表示されるので便利な機能ではあります。

雇用統計とは?毎月第一金曜日に、発表される指標のことで特に失業率、非農業部門雇用者数が重要だったりします。

そのほか経済指標は各証券会社や個人投資家の方がツイッターなどでつぶやいていたりするので、そちらのリアルタイムの情報のほうが重要性があります。

主観的な意見では羊飼いFXさん(https://twitter.com/hitsuzikai)の投稿がオススメですので相場を学びたいという方はフォローしておくと良いのでは…?

 

 

④勝率がわかる
勝率が視覚的に表示される点においては親切な機能ではありますが、勝率よりも資金管理やルールのほうが重要だったりします。相場に詳しくない方は、勝率が高いからと言って、すぐポジションをもってしまうポジポジ病になる可能性もありますので注意が必要です。

ポジポジ病とは?
稼ぎたいという気持ちが先行して、エントリーしてしまう病気のようなもので、悪化するとトレード中毒になったり、根拠のないトレードを繰り返し、資金を失う可能性が高い病気のことを言います。

⑤勝敗履歴が表示される
勝敗履歴も表示されるという点は、初心者の方からすれば親切な機能とも言えます。勝敗履歴を確認することで、今買っているのか負けているのか一目瞭然です。

ただこの勝敗履歴は
MT4にはデフォルトである機能だったりします。
MT4にはトレード履歴を「レポート一覧」で
出力できてPDFで保存することができます。

ある程度、相場に慣れている方は一覧で出力できたほうが便利だったりします。

松岡沙耶 Libre(リーブル)
システムは稼げるの?

松岡沙耶氏はブログで月800万ほど稼いでいると発言してますが、システムの特徴としては、逆張りとなっており、さらにマーチンゲール法を採用した自動売買システムのツールとなっております。

マーチンゲール法とは
マーチンゲール法とは、負けたら掛け金を倍にして進めていく投資のやり方をいい、負け続けても、一度勝てば利益が出る取引方法のことを言います。

バイナリーオプションでのマーチンゲール法の基本的な手順

1.エントリー取引する金額を決める
2.勝敗によって次の取引金額を変える
負けた場合:次のエントリーでは倍の金額でエントリーする
勝った場合:取引方法をリセットし初回のエントリー金額に戻る
となります。

松岡沙耶 Libre(リーブル)
システムの評判に関して

松岡沙耶のLibre(リーブル)ですが評判と調べましたがまだヤフー知恵袋での投稿されていない模様です。ただ気になる点としまして月800万以上を稼ぎ出していると発言していますので、その見解につきまして述べていきます。

 

本当に800万円稼ぎ出しているのか、証明するものがありません。
以前のオファーであるLINE BANK(ラインバンク)を考慮すると、懸念点でもあります。

システム自体はバイナリーオプションで使用する仕様となっています。バイナリーオプションとは上か下かを予想するシンプルなビジネスモデルとなります。

バイナリーオプション業者で有名なのでハイローオーストラリアが有名です。

 

松岡沙耶は動画内で取引は1分と発言しています。

 

確かにハイローオーストラリアは確かに1分単位で取引できますので、その点においては間違っていません。

ただ1分単位で取引でき、月800万円稼ぐとなると、その分取引回数を重ねなければなりません。ハイローオーストラリアは一回に賭ける金額が20万円までとなり、買った場合の払い戻し倍率のペイアウト率というものがあります。

なので

一回に賭ける金額が20万円

ペイアウト率1.8倍

と仮定するとなると

一回に勝つ金額は360,000となります。(16万円のプラス)

そこから利益分だけで800万円稼ぐには
最低でも月に連続で50回勝ち続ける必要性があります。

システムを使用するとしても証券トレーダーやプロの投資家が行き交う相場で50回連続で勝ち続けるのは不可能に近いと判断できます。

理由としましては1分トレードということは
手法としてはスキャルピングに近いものがありますが、相場というのは取引時間が短ければ短いほど、相場のダマシに遭う確率が上がり、損をしてしまう確率が高まります。

さらに、バイナリーオプションは、一回予想が外れると掛けた金額分全て失います。なので月800万円稼ぐためには、それだけの金額を掛けるための元本が最低でも必要なことがわかります。

 

松岡沙耶 Libre(リーブル)
システムの販売金額は?

通常版のLibre(リーブル)と上位版のLibre(リーブル)プラスがあるようです。

Libre仕様通常版
特徴指標の表示、7通貨分のチャートを搭載
◯☓で勝敗表示
その日のHigh/lowの勝率
マーチンゲールあり
対応通貨EUR/JPY、AUD/JPY、NZD/JPY、USD/JPY、EUR/USD、AUD/USD、GBP/JPY
価格150,000(一括払い)
165,000(分割払い)

 

Libre+仕様上位版
特徴通常版の機能にプラスして
根拠の強いチャンスを知れる
リーブルブースターを搭載
対応通貨EUR/JPY、AUD/JPY、NZD/JPY、USD/JPY、EUR/USD、AUD/USD、GBP/JPY
価格300,000(一括払い)
330,000(分割払い)

 

金額だけを考慮すると、情報商材によくありがちな高額塾と似たような金額と判断できます。Libre(リーブル)は超短期売買に特化したシステムでスキャルピング向きといえます。

スキャルピングは初心者からしても、難易度が高いので、もし万が一購入してしまった場合、元本を失ってしまう可能性があるのではないかと懸念しています。

そのために少額からでもいいので、デモトレードから行うことを推奨してはいますが…相場に知見がある私からの判断するとなると

初心者は中長期売買のスイングトレードができるFXをデモからでもいいので検証することをオススメします。

松岡沙耶 Libre(リーブル)
システム購入の注意点

松岡沙耶氏がバイナリーオプション用に通常版のLibre(リーブル)と上位版のLibre(リーブル)プラスを販売していますが

通常版のLibre(リーブル)も
上位版のLibre(リーブル)プラスも

バイナリーオプションで使用する自動売買システムとなっています。

松岡沙耶氏のバイナリーオプションを行っているハイローオーストラリアは自動売買での取引についてQ&Aでこう触れています。

口座の強制解約について

以下の事由に一つでも該当する場合、口座が強制的に解約されます。
・レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
・業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
・クレジットカードの乱用が認められた場合
・取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
・本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
・同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

引用:ハイローオーストラリア よくある質問(https://highlow.com/resources/faq)

つまりこのことから松岡沙耶氏監修のバイナリーオプション自動売買システムのLibre(リーブル)と上位版のLibre(リーブル)プラスは、ハイローオーストラリアで使用すると口座自体が凍結する可能性があり、凍結すると一切お金を出金できなくなる上に、稼いでいても利益がゼロになります。

購入を検討している方は口座凍結のリスクがある上でシステムの購入する必要がありますので十分注意する必要があります。

松岡沙耶 Libre(リーブル)
過去案件のラインバンクとどう違うのか?

松岡沙耶氏には2017年頃にLINE BANK(ラインバンク)というオファーを公開していた経歴があります。LINE BANK(ラインバンク)では、ラインに通知が来るシグナルツールだったことが特徴です。

 

ただ当サイトの読者から来た情報によりますと、シグナルの頻度が多い、シグナル通りにエントリーしても勝てないというコメントが多数寄せられています↓

松岡沙耶 バイナリーオプション LINE BANK(ラインバンク)は稼げない…口コミや評判はどうなの?

 

松岡沙耶 Libre(リーブル)まとめ

松岡沙耶の紹介するLibre(リーブル)というシステムですが

・月に800万円稼ぐのは50回連続で勝つ必要がある
・1分取引はダマシが多いので損をする可能性もある
・過去にLINE BANKという案件をしかけていたので懸念点がある

以上の点から

Libre(リーブル)は、本当に価格に見合う効果があるのか【微妙】と言えます。システム自体が高すぎる上に、仮にシステム購入後にさらに機能が高いシステムを高い金額で販売する可能性もないです…

なので実際に購入を検討している方や購入してシステムを使用した感想や口コミや意見をお待ちしております。

そのほかLibre(リーブル)は集団訴訟プラットフォームにも掲載されており被害者のコメントも殺到しています。ぜひご確認ください。

集団訴訟プラットフォームmatoma 【集団訴訟に向けて】Libre(バイナリーオプション商材)を販売した松岡沙耶について

集団訴訟プラットフォームmatoma 【集団訴訟に向けて】Libre(バイナリーオプション商材)を販売した松岡沙耶について

【集団訴訟に向けて】Libre(バイナリーオプション商材)を販売した松岡沙耶について:集団訴訟プラットフォームmatoma

販売前と販売後のギャップが強くなればなるほど、
返金できる可能性が高くなりますので今回の商材を、もし購入してしまった人からすると返金が成功確率が高いと見込んでいます。

集団訴訟を検討している方は下記の記事もオススメです。

すぐにでも返金したい!お急ぎの方はコチラ

「サポートと連絡がつかない…」
「商材を購入したが稼げない…」

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

もしそのような商品を購入してしまった場合には以下のページですぐ返金請求をしていきましょう。

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

執筆者情報

アバター

菅原マメオ 30代。東京都在住。 元情報商材コレクター。 元悪徳商材被害者。 被害金額は1,000万円以上…   情報商材レビュー専門家となる。 2013年末ごろからレビューし始めた 情報商材レビューのパイオニア。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください