【即返金】今スグ出来る!情報商材の返金方法を超具体的に大公開!!

情報商材特捜部 情報商材 返金 返金方法 返金請求 弁護士 サンク

マメオです。

このページでは、情報商材の詐欺被害に遭われてしまった方を少しでも救いたいという思いから無料で返金ノウハウを公開しています。

ぜひ周りに詐欺被害で困っている方がいましたら、当ページを拡散していただければと思います。

・情報商材・高額塾の詐欺被害あって返金を実現したい
・簡単に稼げると言われたのに稼げなかった
・絶対に稼げると言われたのに1円も稼げなかった
・お金を払ったのにコンテンツが届かない
・返金保証があるのに返金されない
・返金請求したのに断られた
・詐欺業者と連絡がつかない
・法律の知識がないので誰かに助けて欲しい

こういったお悩みをお持ちの方は、必ず当記事の内容を実践して、ストレスから解放しましょう。ちなみに私は元々情報商材の購入者で、今まで多くの詐欺被害にあってきました。

その中で、詐欺業者からお金を取り戻すために様々な方法を試し、高確率で返金を成功させる方法を見つけ、今に至ります。

お金を稼げるかもという期待を裏切られ、騙された悔しい気持ちは痛いほどわかりますので、今からご説明する返金方法を参考に、奪われたお金を取り返していきましょう。

情報商材詐欺にあった場合の返金手段

まずはじめに、情報商材で詐欺被害にあってしまった場合、どういった返金手段があるのかについて解説します。

返金を達成するための
手順は下記2通りです。

・プロに依頼する
・自分で行う

どちらの方法にしても重要なのは、『法律を武器にして戦う』という点です。

情報商材の返金を求める際に、感情的になり私情をいれたクレームを出しても、販売者から返金されることは絶対にありません。どちらに方法にしても、感情論ではなく法的な手段で返金手続きを進める必要があります。

まず、自分が買った商材の購入ページを開きましょう。セールスページとも言いますが、商品の決済を行なったページのことをさします。そこに記載されている内容と実際のコンテンツの中身を比べてみてください。

「明らかに違う!」という箇所の数が多いだけ武器になります。

「武器=証拠」です。

証拠は必ずスクリーンショットで撮影したり、動画をダウンロードしておいてください。そして、その証拠が揃ったら、いよいよ詐欺業者へ返金請求を行なっていきます。

ただし、法律の知識がない素人がそれを元に返金請求を行なっても、返金確率は限りなくゼロに近いです。そうなった場合、先ほどご説明した二つの返金手段をどう実践していけば良いのか?

その点について今から解説したいと思います。

【悪用厳禁】プロに丸投げして返金を実現する方法

先に結論を言ってしまいますが、正直この方法がもっとも成功確率が高く、短時間でスムーズにお金が返ってくるお金が返ってくる手段になります。

返金を依頼するプロは
もちろん弁護士です。

弁護士と一括りにいっても、あらゆるジャンルの案件が多数存在するので、その中でも得意不得意があります。交通事故案件が得意な弁護士、離婚案件が得意な弁護士という具合なので、もし不慣れな弁護士に依頼してしまうと返ってくるものも返ってこないという結末になる可能性があります。

やはりここでは
情報商材の返金に得意な弁護士=業者とのやりとりを何度もこなして実績を積んでいる弁護士に依頼するというところに圧倒的なメリットが存在します。

プロに任せるメリットは多く、

・完全丸投げで行なってくれる
・着手金がないのでリスクゼロ
・経験豊富なプロなので成功確率が高い
・強制的に決済をキャンセルさせる裏技を使える

という点で優れています。

弁護士と聞くと、高額な料金が必要と思うかもしれませんが、着手金がないので先にお金を払う必要がありませんのでその点はご安心ください。

そして、これは悪用厳禁なのですが、弁護士を使うと、強制的に決済をキャンセルさせる裏技を使うことが出来ます。

細かい条件はありますが、それがもっとも成功確率の高い方法です。

本当にプロに任せて返金を実現できるのか?

そう不安に思っている方のために、自分が買った情報商材が返金可能かどうか、簡単にシミュレーションできるようになっています。

プロに依頼する前に、返金可能性があるのかどうかを知りたい方は、まずはこちらからシミュレーションを行なってみてください。

もし、プロに依頼するのをためらっているのでしたら、もう一度真剣に考えてみてください。

詐欺師にお金を騙し取られたまま、泣き寝入りしていいのですか?

今まで騙し取られたお金があったら、何が出来るのか考えてみてください。美味しいご飯も食べれますし、旅行にだった行けると思います。過去には車が買えるほどのお金を取り戻せた実績もあります。

本当にこのまま泣き寝入りしていいのか、今一度考えていただき、シミュレーションを行なってみてください。

 

【無料プレゼント中】返金請求テンプレートを使って自分で交渉する方法

わたし的にはプロに丸投げする方法をオススメしますが、中には自分で解決をしたいと思っている方もいると思います。

そんな方のために、法的な知識がなくても、穴埋めをするだけで論理的な文章を作成出来る、【返金請求テンプレート】を私が用意しました。

私も経験がありますが、詐欺被害にあった時はどうしても感情的になってしまい、クレームメールを送ってしまうと、全くの逆効果になってしまいます。

先ほども記載しましたが、詐欺業者に返金請求をする際は、法的な根拠をもとに文章を作らなくてはいけません。販売者に反論の余地を与えないほどの、決定的で理論的な文章を送り、反論してこれないようにしなければいけません。

以下の点に当てはまる場合、かなりの確率で販売者は『返金をせざるを得ない』対応を取らねばならなくなります。

・販売ページ(セールスレター)と購入した商品の内容が全く違う
・実際に購入を決断する上で鍵となる情報をわざと隠していた

違法な箇所を一つずつ抜き出して、なんの法律に違反をしているのかをまとめる必要があります。ただ、多くの場合、法的な知識がないために、そのようなメールの作成は困難だと思います。

そこで私が用意したのが返金請求テンプレートです。

私が今まで多くの返金請求をしてきた中で、もっとも成功確率が高かったメールの文章をテンプレート化し、あなたにも使っていただけるようにしました。法的な知識も不要で、数カ所を穴埋めするだけで、法的な説得力のある文章を作ることが誰でも可能です。

私の返金ノウハウの集大成であるこのテンプレートは、情報商材特捜部のLINE@で無料プレゼントをしています。

テンプレート文章ダウンロードの際は
ライン@登録後「返金テンプレート」と入力お願いいたします。自動返信で返金テンプレートを配布してます。

詐欺被害のご相談も受け付けますので、この機会にLINE@へ必ずご登録ください。

 

情報商材詐欺の返金方法まとめ

当記事で二つの返金手段について解説しましたがいかがでしたでしょうか?

こういった詐欺被害にあった場合、返金を実現するためにはスピードが命になります。時間が経てば経つほど、業者が逃げてしまう可能性が高まりますし、資金隠しの猶予を与えることにもなります。計画倒産をする業者もいますので、騙されたと思ったら、後回しにせず、すぐに行動しましょう。

最後にもう一度聞きます。
このまま泣き寝入りしていいのですか?

大切なお金を取り戻したいと思ったら、今すぐ行動することを強くオススメします。私はプロに任せるという手段を一番推奨していますので、まずはこちらの返金シミュレーターをお試しください。

この記事によって、一人でも多くの詐欺被害者が救われることを願っております。

 

情報商材、高額塾に騙されて
すぐにでも返金したい!
すぐに取り返したい方はコチラ

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

もしそのような商品を購入してしまった場合には以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。