2020年最新情報 48ホールディングス クローバーコインの返金状況と詐欺被害の実態を考察

48ホールディングス クローバーコイン

今回の記事では、48(よつば)ホールディングスが販売をした仮想通貨、クローバーコインの最新情報について記事にします。

実際に被害にあった方から勧誘時の資料などもいただき、現在の状況を聞きましたので、信ぴょう性はかなり高い内容になります。

クローバーコインの返金について悩んでいる方は、現状把握となぜこのプロジェクトが失敗に終わったのかをこの記事で把握しましょう。

48ホールディングスが販売したクローバーコインとは?

48ホールディングス クローバーコイン

48ホールディングス クローバーコイン

 

クローバーコインとは、48ホールディングスが販売したICOです。

いわゆるマルチ商法、連鎖販売取引を用いて販売され、日本各地のネットワーカーが精力的に勧誘活動を行いました。その結果、会員数は3万5千人にも登り、被害額は192億円を超えています。このクローバーコインはもう上場することはありませんので、機能について説明する必要はないと思います。

ただ、リップルとの関連を強く謳っていた案件であり、その役割もかなり疑問が残るものです。最初からリップルだけを買っておけば良かった話なので、詐欺とは言い切れませんが、あまりにお粗末なコンセプトだったと感じています。そして1番の問題は、仮想通貨にMLMを組み合わせたという点です。

存在しない仮想通貨というデータを紹介するMLMですので、運営は相当儲かるスキームでしょう。

原価0円ですからね。ただ、ただでさえ世間的には怪しい仮想通貨に加え、勧誘が過激になりがちなMLMが加わったことにより、騒動が大きくなったという印象です。暴走した会員が過激な勧誘を高齢者に行い、被害相談が多発しました。それにより消費者庁が動く騒ぎになり、銀行口座も凍結する事態に。

48ホールディングスが初めから悪意を持って開始したプロジェクトかは不明ですが、会員の暴走によって案件が丸潰れとなったのです。クローバーコインを上場させる途中段階で組織が崩壊してしまったため、詐欺なのかどうかも微妙な状態です。

現在返金騒動になっていますので、この記事では最新情報をお届けしていきます。

契約書面や概要書面を独自入手 意外とまともな運営!?

まず、クローバーコインの勧誘に使われた書類を入手しましたので、見ていきましょう。

48ホールディングス クローバーコイン

48ホールディングス クローバーコイン

 

このように、会員には勧誘用の申し込み書類が3セット配布されます。細かいところを見ても、MLMのプロががっちり運営していることが伺えます。ここまで用意周到に勧誘セットを用意している時点で、相当手慣れたプロがやっていることがわかります。

48ホールディングス クローバーコイン

48ホールディングス クローバーコイン

 

MLMなので当然紹介者の欄がありますね。規約への同意欄もしっかりあるので、後々のトラブル対策もしっかりしています。ただ、今回はトラブってしまいましたけどね…

48ホールディングス クローバーコイン

48ホールディングス クローバーコイン

 

そして、驚いたのが、こういった注意を促すチラシです。不実の告知などを行って勧誘する行為について警告しています。こういう部分を見ると、他の詐欺案件よりかは、コンプライアンスに徹底している姿勢が見えます。

48ホールディングス クローバーコイン

48ホールディングス クローバーコイン

 

契約書面の方をチェックしていても、勧誘についてしっかり注意が載っています。自分の身元や会社の情報を明示しないことを禁止したり、不実告知を禁止しています。

48ホールディングス クローバーコイン

48ホールディングス クローバーコイン

商品の内容説明をしっかり行うことについての注意書きです。

48ホールディングス クローバーコイン

48ホールディングス クローバーコイン

 

誇大表現の禁止や射幸心を煽る話かた、勧誘時間にまで言及していますね。徹底した契約書に思えます。

48ホールディングス クローバーコイン

48ホールディングス クローバーコイン

 

また、倫理についてまでも記載されています。ここまで書いている契約書は、この業種で初めて見ました。

48ホールディングス クローバーコイン

48ホールディングス クローバーコイン

 

また、中途解約や返品ができることも最初から明記されています。1年以内の個人会員であればいつでも契約解除可能なようです。ここまで良い条件があって、なぜ炎上したのか逆に不思議ですね。

48ホールディングス クローバーコイン

48ホールディングス クローバーコイン

 

しかも、クーリング・オフの説明も丁寧に記載されています。

警察に行ったり消費者センターに行く前に、普通にクーリングオフしたり、中途解約する手段があったんですね。やはり契約書がまともなだけに、なぜここまで荒れたのか不思議でなりません。

おそらく、概要書面すら渡されなかった人や高齢者で理解力がない方が多かったことが原因だとは思いますが、それにしてもです。

ここまでがっちり契約しているのに、暴走した会員のせいで行政処分を食らうのは、運営も予想外だったでしょう。

世間の風当たりが強い仮想通貨案件というのも相まって、ビジネスの崩壊に繋がってしまったという線もありますね。

48(よつば)ホールディングスへ集団訴訟が行われている?

48ホールディングスに対して、返金を求めるための集団訴訟が各サイトで呼びかけられています。一部の弁護士も集団訴訟を行おうと呼びかけていますが、全く動きは見られません。

48ホールディングス クローバーコイン

48ホールディングス クローバーコイン

 

集団訴訟サイトの方でも、全国の被害額に対して、人数は全く集まっておらず、集団訴訟はまだされていないようです。

その他、全国で3件の訴訟が行われているようですが、効果は特にないでしょう。

そもそも集団訴訟自体、返金を実現するための手段として微妙ですし、訴訟に勝ったところで返金原資がない場合は返金が出来ません。

ですので、集団訴訟には期待をしない方が良いでしょう。

2020年2月3日最新情報
返金の希望が見えてきた可能性

一番肝心な、クローバーコイン購入代金の返金状況ですが、依然として厳しい状況が続いています。

おそらくほとんどの方が返金を希望し返金手続きを踏んでいると思いますので、48が返金するべき金額は数十億、数百億規模になっているでしょう。

会社自体、他のICO詐欺や情報商材詐欺業者と比べ物にならないほど、誠意を見せてはいますが、流石にこの金額を全て円滑に返済するのは難しいでしょう。

なぜなら、すでに国税も入っていますし取られるものは取られているはずです。運営費や紹介料の払い出しも行なっていたので、返金原資はかなり少ないはずです。ちなみに48側は、保有しているリップルを売却し返金原資に当てるという説明ですが、それにも限界が来るでしょう。

しかも、丁寧に返金申請書類まで会員に送るほどの対応をしているにも関わらず、銀行口座が凍結されているため、返金が物理的に行えない状況です。私が思うに、クローバーコインの現状は、消費者トラブルの中でもっとも悲惨だと思います。

私は他の記事でも、返金を求めるのであれば警察に言ったり、国税に通報するのは意味がないと発信してきました。なぜなら、警察は返金を手伝ってくれませんし、概要書面もきっちりしているので、今のところ刑事罰は何にも課せられていません。さらに、今回のように国税が入ってしまえば、返金原資が国に取られてしまうからです。

それが詐欺被害のお金だったとしても、国税は容赦無く回収していきます。また、今回さらに悲惨なのが銀行口座の凍結です。おそらく被害者が銀行に対し、詐欺に使われている口座という通報を行なったのでしょう。もしくは、高齢者による不審な送金が見つかった可能性もありますが、一部の被害者の間違った対応で、貴重な返金口座がロックされてしまったのです。

もちろん銀行はロックした口座から返金を行なってくれる訳でもありません。

誰も得をしない状況です。

返金意思を見せている48の口座をロックし続ける銀行側の対応にも疑問ですね。こういった消費者トラブルに対し、国や行政、銀行などが全く連携できておらず、ずさんな対応を行なっていることにより、結局被害者にお金が戻っていないというのが現状です。このように、2018年7月に返金についてのメールのやり取りがあってから、メールでの連絡はありません。

ただし、2020年2月3日、返金を待ち望んでいる方にとって期待のできる情報がありました。会員サイトに入ったところ、このようなお知らせが載っていたそうです。なぜメールで流さないのか不明ですが、返金の意思はあり、返金手続きは進んでいるそうです。

そして左のメニューに予定返金金額の項目があります。事務手数料と消費税分は減っていますが、ここまでしていると返金の期待が少しはできますね。悪質な業者でしたらとっくに飛んでいますので。ともあれ、実際に口座に着金報告があるまで安心はできませんので、引き続き注視していきましょう。

 

安倍総理の桜を見る会に淡路明人氏と中田義弘社長が出席!?

最近話題になっている安倍総理の桜を見る会。

マルチ商法会社の社長と一緒の写真に映る姿が問題視されていましたが、まさかの48の社長もその1人だったようです。淡路明人氏と中田義弘氏はどちらも48の社長でありトップの人間。

その彼らが安倍首相と一緒に写真を取り、この写真で信用をアピールしてコインを勧誘していたようです。社会で問題になっている桜の会と48がこんなところでも繋がってくるとは…戦略的にこの写真が使われていますので、安倍首相もまんまと利用されたのでしょう。

 

クローバーコインの被害が東方神起ファンの間で拡大?

クローバーコインの話題に関して、東方神起との関連が出ているようです。

どうやら、東方神起のファングループのリーダーが、会員に対してクローバーコインを勧誘し、大きなトラブルに発展したようです。

MLMという仕組み時代は合法で問題はないのですが、現実的にはこういったコミュニティを壊す行為が出てきてしまいますので、MLM=詐欺というイメージは今後も払拭出来ないでしょう。

もしMLMに誘われた際は、そういった社会背景も気にした方が良いと思います。

 

48ホールディングスからクローバーコイン購入代金を返金してもらう方法

以上が48(よつば)ホールディングスが販売したクローバーコインの現状です。

クローバーコインについては、そもそものコインのコンセプトが意味不明であり、結果論ですがコインは上場していません。

会員サイトすらまともに機能しておらず、トークンがどこにあるのかもわからない状態ですので、仮想通貨事業としては大失敗でしょう。

確かに、会社としてしっかり概要書面を作成し、対応などもしっかりしている印象ですが、扱っている商品の怪しさと会員の暴走によって、今の悲惨な状況となっています。

詐欺かどうかについては、半々だと思いますが、現にお金が戻っていない状況なので、納得がいかない方も多いでしょう。

ともあれ、48が返金意思を直近まで指している点は、どの案件よりも良い状況だと思います。

返金手続きの手順について解説しますので、一応行っておきましょう。

やり方は簡単で、こちらの申請書類を記載の住所に送付するだけです。

https://48h.e-bos.jp/private/document/docs/14_%E8%A7%A3%E7%B4%84%E3%83%BB%E8%BF%94%E9%87%91%E4%BE%9D%E9%A0%BC%E6%9B%B8.pdf

その手続きで返金リストに載るはずです。

もしそれを行っても全く返金がされないという場合、別の手段を提案しますので、お問い合わせください。

では。

 

過去に情報商材の被害にあった方はコチラから

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

もしそのような商品を購入してしまった場合には、以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

【即返金】今スグ出来る!情報商材の返金方法を超具体的に大公開!!

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

26 件のコメント

  • 私も2018年5月に解約返金申請しましたが返金ありません。
    只、静岡県のクローバーコインを私に紹介してくれた方は、被害者数十人を集めて弁護士を雇い
    48より返金されていました。
    これを48に確認したところ、弁護士を通した案件の方が一般より優先との事でした。
    これってどうなんでしょうかね?

    • 銀行口座の凍結はとっくに解除されてるようです。48の窓口が言うには既に銀行口座の残高は無く、保有しているリップルを売却して返金に充当しているとこ事でした。
      只、怪しいのはどうも裏で弁護士同士が結託して被害者から金儲けをしているとしか思えません。

  • 2018年9月解約申請、返金なし。同年11月問い合わせするもお待ちくださいのみ。
    その後2019年4月に再度問い合わせも、2018年3月に解約申請の方への対応中だそうで・・・
    お待ち下さいばかりで、全く連絡もないので不安しかないですよね。

  • 2018.9 解約申請 返金なし
    2018.11 問い合わせもお待ちくださいの返事
    2019.4月 再度問い合わせで2018.3解約申請の方への対応中、お待ちください。

    で?
    リップル売却で支払いって・・・
    こちらは現金でお支払いしたのですけど

  • 2018.6月に解約申請したのですが返金なく催促の電話するも順番に対応していますのでお待ち下さいと言われてから半年が経過しています。
    儲かる、億万長者などと言われ
    400万もの大金を投資した知人もいます。
    この時期本当にお金が必要な人ばかり…
    なんとかして欲しい。何故記事にならないのか不思議です。

  • 2018.11にクーリングオフ申請
    半年に1度のペースで連絡するも、おまち下さいの一点張り。会員サイトより、返金金額が表示されるもそんなのいいから早く返して欲しいというのが現状。警察か消費者センターに連絡しようか悩んでいます。

  • 国会で取り上げられていました
    元社長との安倍さんが一緒に写っている写真が!
    それを利用して勧誘していたらしい

    上記が北海道のニュース番組で特集されていた

  • 国会で取り上げられていました
    元社長との安倍さんが一緒に写っている写真が!
    それを利用して勧誘していたらしい

    上記が北海道のニュース番組で特集されていた

  • 私も2018年6月に解約しましたが未だ3月中旬の返金手続きで終わったままです。こんな時代になってしまった中まだ返金されないのがとても悔しいです

    • 中田義弘は何処で何しているでしょうか?
      真面目な顔して講演していたので、「この男を信じて見よう!」……が間違いでした!

  • 返金書類書いて手続きしてから何年経っとるか、分かってるんやろうか?
    もういい加減、返して!

  • 私は48に全財産と全財産以上のものを奪われだ上に借金まで背負わされ、生活もできなくなり重度のうつ病になり、自殺も考えました……というより、今も毎日死ぬことしか考えられなくなってしまいました。そんななかでも死ぬこともできず、還暦を過ぎた今、生きるためにほぼ休みなく毎日深夜から半日以上のトラックドライバー兼重労働のにんそく作業員として働いています。誰か助けてください、この地獄のような毎日から抜け出す方法を教えてください……。

  • 私は2019年11月29日に返金させていただきました。
    少し特殊なケースでしたが、中途解約の要求通りの金額を手に入れることができました。
    48関係はもう忘れようと思いましたが、逮捕の件もあり、情報を載せます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    菅原マメオ 30代。東京都在住。 慶應義塾大学 法学部卒業 元情報商材コレクター。 元悪徳商材被害者。 被害金額は1,000万円以上… その後業界最多! 情報商材レビュー専門家となる。 2013年末ごろからレビューし始めた 情報商材レビューのパイオニア。 記事多数取り揃えてあります。 正しい情報、詐欺商材、有料商材などを これまで培ってきた独自の視点で みなさんに共有・解説します。