【検索逃れ】仮想通貨ICO ライフクリエイトの評判は?返金問い合わせが〇〇だったw

Life Create

今回はBITMAKEアフィリエイトセンターで公開されている、仮想通貨ICO案件『ライフクリエイト』というオファーについて記事にしていきます。

ライフクリエイトの情報商材にまつわる疑問や、ライフクリエイト以外の情報商材詐欺の手口や見分け方が知りたい方は「情報商材詐欺にあった!?と思った際に今すぐ取るべき行動」も合わせてご確認ください。

Life Create(ライフクリエイト)

 

LPはこちら

https://life-create.site/kimurayu1/

https://life-create.site/community2/

 

【2021年1月更新】今スグ出来る!情報商材の返金方法を超具体的に大公開!!

 

Life create(ライフクリエイト)とは?

早速案件の方を見ていきましょう。

まずヘッダーですが

・1週間後1000万円をあなたに
・億万長者を輩出し続けるコミュニティ
・どんな人でも1週間後に最低1000万円確定

という表現が記載されています。

 

いうまでもなく、

1週間後に最低1000万円確定というのは誇大広告と断言できます

 

全国500名のコミュニティLC

といっていますが、こちらに信憑性があるのか真意が不明となります。

コミュニティで500人はそこまで大きい人数ではありませんし

ただのLINE@のリストをコミュニティと称しているパターンも考えられます。

 

またLCメンバーの投資実績とありますが、

その根拠となる証拠の記載も全くありません。

証拠が記載されてないので信憑性にイマイチ欠けます。

メンバー全員が利益を出すことに成功

と言っている時点は嘘は確定しています。

 

そのほか

・知っているだけで稼げる

・再現性が100%である

という誇大表現も使っていますね。

 

知っているだけで稼げるというのは

言い過ぎとも捉えることが可能です。

 

再現性100%についても、

ビジネスモデルが不透明な上に、一週間で1000万円稼げるというビジネスモデルはそこまで多くはありません。

投資に関しては100%稼げるわけではありませんし
一週間で1000万円稼ぐとなりますとSNSや広告を利用したウェブマーケティングの可能性がありますが

初心者がゼロから行うには非現実的であるため、再現性は低いといえます。

 

投資未経験者でも関係なく

どんな人でも確実に利益を生み出すことができる

という表現も誤った表現になります。

投資において絶対稼げる、確実に稼げるという表現はNGとなりますのでLife create(ライフクリエイト)が誇大広告を使用して集客していることがよくわかります。

【2021年1月更新】今スグ出来る!情報商材の返金方法を超具体的に大公開!!

 

また、

損をすることがない

と記載しています。

 

少なくとも木村裕氏のライフクリエイトは、

現状では仮想通貨案件ですので、

むしろ損をする可能性の方が高いです。

仮想通貨でお金を稼ぐには

・ビットコインFX
・マイニング
・アービトラージ
・ICO

の4つが主に挙げられますが

投資未経験者がゼロから始めるにはビットコインFXが一番現実的です。

 

そしてこちらは別のLPでも

1000万円を確定

という表現を使用していますね。

 

このLPでは権利収入というフレーズを出しています。

 

権利収入という表現は、

消費者を誘引するためによく使われるフレーズですので、

注意が必要です。

 

巨大金融市場

利権

権利収入

とよく使われるフレーズが

たくさん出てきています。

 

これまでの経験上

このように誇張して表現するのはプロダクトローンチの典型的な例となります。

ライフクリエイトですが要注意案件と思って良いでしょう。

 

Life create(ライフクリエイト)
詐欺被害の返金方法は?

ライフクリエイトは、ASPの説明欄を見る限り、

仮想通貨ICOでトークンを販売することは確定でしょう。

 

取引所トークンということで、

いつなくなるかわからないような

危険な取引所トークンを買わされるのでしょう。

 

トークンを国内で販売すること自体違法ですので、被害にあった方は返金をしてもらうことをおすすめします。

 

ライフクリエイト 特商法

ライフクリエイトのLPの特商法を見ると、

他のオファーと同じく、必要事項が全て記入されていません。

 

しかも、今回の特商法の住所は日本のものではありません。

調べたら、これはエストニアの住所でした。

 

 

そして名前から察するに、

代表者も日本人ではありませんね。

 

これでは何かトラブルが発生した場合などの責任の所在が

海外絡みになってしまうので、正しく対応してもらえるかが分かりません。

 

最終的に悪質な商品を売りつけて、何か言われても

「クレームや返金要請はすべて代表者の方にお願いします。」と突っぱねて、

海外の法人に丸投げする・・・なんてことも考えられます。

 

特商法の不備の件もありますし、

この時点ですでにかなりの怪しさですね。

 

そしてライフクリエイト

というワードを検索すると、

ホットヨガスタジオや、サーフエクササイズを展開している、

全く同じ名前の会社がヒットします。

 

これだけ怪しいオファーなので、

検索された時の隠れ蓑としてあえて同じ名前にしている、

とも考えられますね。

 

単なる検索逃れと言うわけです。

 

LPを見てみると、1枚目のLPでは

”権利収入”というワードを前面に押し出して、

「不労所得だけで一生稼げる」というような

イメージを植え付けようとしてきます。

 

内容は、インフォプレナーが巨大金融市場の利権を独占しているので、運営するコミュニティに参加すると、1週間後に最低1000万円が受け取れるというもの。

そもそも“巨大金融市場”と言う言い方も非常にあいまいですし、それを多くの人に分配する理由も明確になっていません。

 

自分が稼いだお金をただばら撒いている人なんて、普通に考えて不気味ですし、何か裏があるんじゃないかと疑ってしまいますよね。

 

そして受け取れる権利収入は、今が最高額で、遅れれば遅れるほど少なくなってしまうとのこと。LP内の画像を見ると、1ヶ月後には10分の1になってしまっています。

 

 

これだけ急速に落ち込むビジネスに、

誰が好き好んで取り組むでしょうか?

それだけ尻すぼみすることが分かっていて取り組むなんて、

はっきり言って泥船に乗るようなものです。

 

こんな話を聞かされても、

はっきり言って全く魅力的ではありませんよね。

とにかくメールアドレスを登録させるために、

限定性を持たせて煽ろうという意図が見て取れます。

 

そして2枚目のLPは、

“最新投資情報を配信するコミュニティ”と、手法を明らかにしていますね。

ただ、投資の情報を配信することは『投資助言業』にあたり、これを行うには金融商品取引法に基づき、登録を受けなければなりません。

 

しかし、この登録を受けているという証拠がないため、このオファー自体が違法である可能性もあります。

法律が絡んでくる場合は、普通は「私はきちんと法を順守しています」と証拠を見せるものですが、その証拠がないため今回は偽物の可能性が高いです。

読み進めていくと、今回のライフクリエイトがどれほど優れているか、他社と比較した表も挿入されています。

 

 

ただすべての項目が、「速い」「遅い」、「多い」「少ない」などと書かれているだけで、何を基準に言っているのか全く分かりません。

ただ漠然と自分たちを褒めているだけで、何の信ぴょう性もありませんね。あきれてしまうほど薄い内容です。

そしてコミュニティ参加費、月額会員費が0円となっていますが、わざわざWebページや動画を撮影してまで告知しているのに、本当に0円で終わるはずはありません。

「メンバーが増えたことによりサポートの人件費が必要になりました」などと、何か理由を付けてお金を要求される可能性もありますし、「メンバーの資金を1つに集中させてお金運用するので、こちらに預けてください」と、

“自分たちはお金を預かるだけです”というスタンスでお金を集めて、

それを持ち逃げする、ということも考えられます。

いずれにせよ、この『参加費無料』という言葉は信用しない方が良さそうです。

 

LPにメールアドレスを登録すると、約30分ほどの動画が見れるようになります。動画内ではコミュニティ生が稼げているという証拠として、LINEの画像がちょくちょく出てきます。

 

 

しかしこんなLINEの画面や通帳の写真、

FXの残高画面なんかは、簡単にねつ造することができます。

 

そもそもこの画像はコミュニティメンバーが

自分自身で見せているものではないので、

本当にメンバーとのやり取りなのかも分かりませんし、

口座もメンバーのものかは分かりません。

 

恐らく、今回の販売業者が自社のお金を移して、

それを写真にしたんでしょうね。

 

信頼できる証拠というにはあまりにお粗末な内容なので、

今回のオファーが本当に稼げるという信憑性が薄い

ということは間違いなさそうです。

 

最後に、LINEにあるキーワードを入れるともらえるという、

豪華特典について触れておきましょう。

 

キーワードを入力するともらえるのは、

全89ページのPDFです。

 

内容は、『ビリオネア輩出案件』として

仮想通貨のアービトラージやバイナリーオプション、

ICOなど、珍しくもない投資手法について紹介し、

最後にマインドセットについて書いたものです。

 

なので投資にどんな種類があるか分かっている場合は、

目新しい情報も載っていないので

特に読む必要はないと思います。

 

販売業者が海外法人であり、責任の所在が不明であること、

投資助言業の登録を受けているか分からないこと、

メンバーが稼いでいる証拠が、ねつ造の可能性が高い画像のみであることから、ライフクリエイトは信憑性が’薄い危険オファーと言えそうです。

 

ライフクリエイト コミュニティ募集

ライフクリエイトは、2019年4月あたりに開催されたローンチで有料商品の商材などの販売はなく、無料のコミュニティが募集されたようです。

ただ、そのコミュニティで、Castle(キャッスルコイン)という仮想通貨が販売され、その仮想通貨が悲惨な末路をたどっているため、最近問題になっています。

ライフクリエイトは、実質仮想通貨キャッスルコインの販売が目的のため、ここで多くの被害者が出てしまいました。

不自然な特商法の住所などに言及しています。改めてメールの内容を確認してみたところ、そのセールス内容が酷いものとなっています。

取引所の利権を受け取り、トークンを二十倍価格で売却さらに四十倍に成る最低1000万円を手に入れてくださいというような、強烈な煽りでセールスを行っていました。

仮想通貨トークンという金融商品を売る以上、明らかにコンプライアンス違反ともいえます。

そもそも、日本国内でICOの販売を行うこと自体違法ですし、紹介を行うのもグレーゾーンです。

いまの現在はまだ金融庁に見つかっていませんが、徐々に被害者が集まっており、警察や金融庁が動き出すのも時間の問題かと思います。

 

そのほか全額返金保証という言葉がありますが、この保証は、取引所に上場しなかった場合に適応されるようです。

ただ、
キャッスルコインはビットキャッスルという取引所に上場していることから、この返金保証は適応されないでしょう。

当時のLPが消されているため、正確な条件は見ることができませんが、集団訴訟の呼びかけが行われているMatomaでは、上場時の価格が1円にならなかったら返金という情報もあります。

しかし、木村裕氏が初めから騙すつもりでキャッスルコインを販売したのであれば、返金保証が適応される可能性は極めて低いでしょう。

詐欺被害にあった場合は私にお問い合わせください。また、参加者全員が利益を獲得できるという文面もありますが、こちらについては不実の告知でしょう。

実際に参加者全員が利益を獲得出来ていないので、違法な文面になります。

全員が等しく資産が四十倍に成る果てしなく稼げてしまうという文面もありますが、これも酷いですね。常識的に考えて明らかに嘘とわかる文面です。

仮想通貨取引は買う人がいなければ売ることが出来ませんので、需要がなければ売却益で稼ぐことが出来ません。

このように木村裕氏はキャッスルコインを販売するために、誇大表現まみれのセールスメールを大量に送りまくっていました。

仮想通貨を販売しているとは思えない非常識なメールの数々が送信されており、キャッスルコインの販売は詐欺と言わざるを得ないでしょう。

 

Casleコイン(CSTL)の現在は?
詐欺仮想通貨被害の返金方法は?

仮想通貨キャッスルコインは、その後レートが下がったようです。

このように価格は落ち込み、上昇の気配がないため、炎上中のようです。掲示板での話では、8月上場ということでしたが、それ以前からコインが存在していたのは謎ですね。どこかマイナーな取引所に上場はしていたのでしょう。

もしかしたら、別の取引所からコインを安く仕入れて、それを視聴者に高値で転売したのではないでしょうか?

肝心のビットキャッスルの上場もなんども先延ばしにされたようで、約束の1円で上場もされずという状態した。

さらにインフォプレナーについては演者の可能性がありのCastleコインは、セールスも違法ですし、約束も果たされていませんので、信憑性に欠けます。

 

そのほかLife Create(ライフクリエイト)は集団訴訟プラットフォームにも掲載されており被害者のコメントも殺到しています。ぜひご確認ください。

 

【集団訴訟に向けて】木村裕「Life Create(ライフクリエイト)」について:集団訴訟プラットフォームmatoma

販売前と販売後のギャップが強くなればなるほど、
返金できる可能性が高くなりますので今回のLife Create(ライフクリエイト)はもし、商材を購入したしてしまった人からすると返金が成功確率が高いと見込んでいます。

集団訴訟を検討している方は下記の記事もオススメです。

 

もし過去に、

同様の情報商法商材の被害にあって

・お金を少しでも取り戻したい…

・販売者と連絡がつかない…

・今後どうすればよいのかわからない…

という方は下記をご参考ください。

 

情報商材、高額塾に騙されて
すぐにでも返金したい!
すぐに取り返したい方はコチラ↓

過去に情報商材の被害にあった方はコチラから

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

もしそのような商品を購入してしまった場合には、以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

【2021年1月更新】今スグ出来る!情報商材の返金方法を超具体的に大公開!!

2 件のコメント

  • やっぱり、そうだと、思いました。今まさに、その真っ只中なので、検索して見ようと思い、このページに、たどり着きました。木村裕の直接質問のラインでは、お金は必要無いと言っていたにも関わらず、今回、最後のライン動画では、振り込みをうたっているから、詐欺かなぁ?と思いました。それも、申し込み完了から、3日以内に振り込みをしろと(笑)

  • KEN/年収1100万円の1年生社長って方の塾生がライフクリエイトからのアフィ報酬画像として使われてます。
    ライフクリエイト自体詐欺案件みたいなのでこちらも詐欺っぽいですね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    菅原マメオ 30代。東京都在住。 元情報商材コレクター。 元悪徳商材被害者。 被害金額は1,000万円以上…   情報商材レビュー専門家となる。 2013年末ごろからレビューし始めた 情報商材レビューのパイオニア。