黒田公二のTHE HEROプロジェクトの評判とは?たった4回で稼げるの?

黒田公二 THE HERO プロジェクト

 

マメオです。

 

一般市民には知ることのできない

仮想通貨・特権情報が公開されましたので

黒田公二の案件のレビューしていきたいと思います↓

 

黒田公二 THE  HEROプロジェクト

黒田公二 THE HERO プロジェクト

黒田公二 THE  HEROプロジェクト

 

 

URLはコチラ:THE HERO プロジェクト

(リンク切れ)

 

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

 

黒田公二
THE  HERO プロジェクト

 

たった4回繰り返すだけで

誰でも簡単に資産が1万倍!

 

1万円でも半年で1億円になる

給湯コインの裏投資手法が

限定で無料公開されました。

 

 

仕掛け人は黒田公二氏。

 

 

黒田公二氏は過去にも様々な人と

無料オファーをしかけており

リップルコインプロジェクト

というオファーを仕掛けていました。

 

 

そのオファー上では

参加者全員にリップルコインをプレゼントと発言してますが

本当にリップルコインをプレゼントしたのでしょうか?

 

この手のプレゼントという

オファーは誰でも稼げるとうたってますが

実際は稼げていない人の割合が多い実情があります。

 

 

今回のオファーも前回のオファーと同様に

ビジネスモデルは仮想通貨となりますが

 

「史上初・鬼暴露」

 

という文言を使ってますが

 

日頃から資産運用されている方からすると

あまり真新しい情報ではなく、数年前から

仮想通貨を勉強している方からすれば

すでに知っているような情報かと思われます。

 

 

今回のオファーはさらに複数のLPをしかけており

URLのLP○部分の数字を変えていくと

別のLPが表示されていくのがわかります。

 

 

それがこちら↓

 

 

<LP2>
http://www.the-heroproject.net/lp02/

(リンク切れ)

 

 

<LP3>
http://www.the-heroproject.net/lp03/

(リンク切れ)

 

 

<LP4>
http://www.the-heroproject.net/lp04/

(リンク切れ)

 

 

上記のように

計4枚のLPを仕掛けていています。

 

 

複数LPを仕掛ける理由としましては

入り口を増やすことで必然的に

消費者の登録が多くなり

登録者数に比例して

バックエンドの購入者数も

多くなります。

 

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

 

ただこのようなビジネス業界は

 

実際にバックエンドを購入したとしても

サポートがない

連絡がないといったことが

よく多々あります。

 

バックエンドの商品を

購入してもお金が稼げないということがよくあります。

 

 

今回のLPでは

「たった4回」でという文言が売りなので

なんらかのサインツールの販売が予測できますが

仮想通貨でお金を稼ぐには正しい知識を

身につける必要があります。

 

お金が簡単に稼げる無料オファーだからと言って

安易に申し込むのは控えたほうが無難でしょう。

 

もし過去に、

同様の情報商法商材の被害にあって

・お金を少しでも取り戻したい…

・販売者と連絡がつかない…

・今後どうすればよいのかわからない…

という方は下記をご参考ください。

 

では。

 

 

返金したいけど
対応に困っている方は
まずはコチラから↓

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

 

情報商材、高額塾に騙されて
すぐにでも返金したい!
すぐに取り返したい方はコチラ↓

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください