parfait(パフェ・パルフェ)は出会えるの?|騙された場合の対処法・返金方法をご紹介

parfait(パフェ・パルフェ)という出会い系サイトを調査していきます。結論から言いますとこちらのサイトは当社で独自のリサーチしたところ出会うことができない、サクラサイトの可能性が極めて高いようです。ネット上の口コミや評判も兼ねて掘り下げて説明していきます。

【parfait(パフェ・パルフェ)】
概要

サイト名 parfait(パフェ・パルフェ)
運営会社 UNIVERSAL WEB DESIGN SERVICES
代表者名
所在地
電話番号
メールアドレス
URL http://parparparfait.com/
https://parparparfait.com/smp/
備考

【parfait(パフェ・パルフェ)】
料金体系

 

【parfait(パフェ・パルフェ)】
サクラ一覧

名前 ふりがな 職業など
由奈 ゆな OL
ひかり 漫画家希望
かすみ アパレル
酒井みほ さかいみほ 歯科助手
一枝 かずえ 既婚者
mari まり
亜衣 あい
さゆり

【parfait(パフェ・パルフェ)】
怪しい?詐欺の可能性は?

parfait(パフェ・パルフェ)という出会い系サイトは、男性も女性も!簡単&無料!理想の出会いがきっと見つかるというキャッチコピーがウリの出会い系サイトとなります。

parfait(パフェ・パルフェ)は、ムラマツグループ系列の出会い系サイトとも言われており、迷惑メールから副業、交際といった口実でサイトへの誘導を得意とする出会い系サイトとなります。

ムラマツグループ系列(Muramatsu Group系列、村松グループ系列、村松Group系列)とは、海外に運営会社とサーバーを置いている悪徳業者の通称です。
引用元:ムラマツグループ系列の関連会社一覧

parfait(パフェ・パルフェ)の出会い系の流れとしては
下記のような流れでユーザーを誘引する形となります。

①迷惑メールから集客する。

②LINEに誘導されるもしくはプロフィールのURLに誘導される

③出会い系サイトへ誘導

という流れとなります。

ポイントの料金設定がメール一通あたり男性、女性ともに20pt(200円)となっており、優良サイトの平均値がメール一通あたり5pt(50円)となってますので4倍近い料金設定になっていることがわかります。

結論から申し上げますと
出会い系サイトのparfait(パフェ・パルフェ)は、迷惑メールからユーザーを集客しているという点とポイント利用料が、優良サイトな出会い系サイトと比較しても4倍近い料金設定になっているため、異性とやりとりしていても出会えない場合、やりとりを継続するためにポイント費用に数万、数十万円課金する可能性があります。

【parfait(パフェ・パルフェ)】
口コミ・評判

無視していますが、ポイント5000円プレゼントしたから、課金してメールしてと、催促して来ています。
最近、他にも同じよう手口で新種のサイトも トーク と言うサイトです。
近くに住んでいると言う事ですね。

他に古くからあるサイトで、「華」というサイト、さくらの様な人が多く、逢います、と返事をくれますが課金2万円、会う時に支払ってください、と言うメールをして来ます。これは、一種の売春なのかもね。

引用元:parfait(パフェ)悪質出会い系のサクラを晒す!

昨夜に突然、Gmailアドレスに 酒井美穂 よりのライン登録番号が入りまして、ラインにアクセスしました。

3通くらい会話した後、突然にこの会話はハッカーが見ています、と言う警告が女性側の携帯電話のメールの画面の中、こちらにも写真が貼りつけられた感じで入りました。その後、美穂がやばいから携帯電話を買い替えてもう一度メールする、という事になりました。

暫くの3時間後にメールが入って来て携帯頼んできた事で、約束の続きの会話をして来ましたが何か変な、と思い ネットで調べました。ここに酒井美穂として当人の写真付きでサクラとして掲載されていたから、やはりかと思いました。

未だ課金していませんからか、課金させるための策略として抽選で大当たりしました。1000円課金したら、正会員になれ、情報交換、永久文字化けなし、50000円ポイントプレゼント付き、で課金させる細工が組み込まれていました。

ここで調べて良かった。課金しませんし、このサイトを削除します。

引用元:parfait(パフェ)悪質出会い系のサクラを晒す!

【parfait(パフェ・パルフェ)】
特定商取引法(特商法)の表記について

インターネット上で出会い系サイトを運営する場合、特定商取引法(特商法)の表記が必要となります。特定商取引法(特商法)は法律で義務付けられているものとなりますので必ず表記をしなければなりません。もし出会い系サイトを利用していて特定商取引法(特商法)の表記がない場合は、危うい出会い系サイトと疑う必要性があります。

出会い系サイト「parfait(パフェ・パルフェ)」の特定商取引法に関してですが、海外法人となります。実在するかに関しては海外の登記

特商法に事業者名、運営責任者名、所在地、お問い合わせや営業時間を記載しているのであれば良心的な会社とも判断できますが、すでにparfait(パフェ・パルフェ)自体の出会い系サイトが削除されている影響で確認ができませんでした。

ただ法人登記情報の住所を調べても、その法人の住所に住んでいるとは限らない上に、登記のためだけに住所を用意したという可能性もあります。特商法記載の住所及び法人登記情報と照合して確認が取れたとしてもすぐに良心的な出会い系サイトと判断しないようにする必要性があります。

逆に特商法の情報から法人登記を調べて、もし法人登記の確認がとれない会社は、高確率でサクラの比率が多い出会い系サイトとなります。注意しましょう。

特定商取引法とは
特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。

訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

詳細は消費者庁「特定商取引法とは」を参照してください。

【parfait(パフェ・パルフェ)】
まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、出会い系サイト「parfait(パフェ・パルフェ)」ついて記事にいたしました。

parfait(パフェ・パルフェ)は
・迷惑メールから集客している
・登録している異性とやりとりしていても出会える保証がない
・海外法人のため実態がわからない

という調査結果となりました。parfait(パフェ・パルフェ)を利用していて万が一被害に遭われた方は下記バナーからご相談いただくことをオススメいたします。

出会い系サイトやマッチングアプリで被害続出中

ここのところ男性でも、女性でも出会い系サイトやマッチングアプリで騙される人が多い傾向があります。特に投資系の名目でほかサイトに誘導されて、被害が多発しており、人によって数百万の被害に遭われている方も実際にいます。

出会い系サイトやマッチングアプリは普段の環境では出会えない人と知り合えるのが特徴ですが、
万が一出会い系詐欺の被害にあってしまった場合、出会い系業者と連絡がつかない、もしくはポイント課金したお金が返金されないと焦ることも多いのではないでしょうか。
ぜひ、いち早く、出会い系詐欺被害を取り扱う専門家にご相談ください。

執筆者情報

編集長 菅原マメオ

元情報商材コレクター。元悪徳商材被害者。被害金額は1,000万円以上…その後業界最多!情報商材レビュー専門家となる。2013年末ごろからレビューし始めた情報商材レビューのパイオニア。記事多数取り揃えてあります。正しい情報、詐欺商材、有料商材などをこれまで培ってきた独自の視点でみなさんに共有・解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください