大野肇 WESULT(ウィザルト)に実績捏造疑惑?ゴールド投資は稼げるのか?

大野肇 WESULT(ウィザルト)

 

マメオです。

前回の記事に引き続き、

大野肇氏のWESULT(ウィザルト)について記事にします。

実績の捏造疑惑の懸念点がありましたので

その部分を重点的に掘り下げて行きます↓

 

大野肇 WESULT(ウィザルト)

大野肇 WESULT(ウィザルト)

大野肇 WESULT(ウィザルト)

 

LPはこちら

https://wesult-project.com/lp/maingay/

https://wesult-project.com/lp/illustsej/

https://wesult-project.com/lp/rewardatx/

 

大野肇 WESULT(ウィザルト)第2話
ゴールドで本当に稼げるのか?

大野肇氏のウィザルトの動画ですが

第二話が公開されていました。

早速中身を確認していきましょう。

 

大野肇 WESULT(ウィザルト)

大野肇 WESULT(ウィザルト)

 

まず出てきたのが、

コンセプトとして推されている、

3タップするだけというフレーズです。

 

タップするだけというフレーズは、

視聴者にとってかなり魅力的な内容なので、

この手のローンチでよく使われますが、

実際にはタップするだけでは

稼げなかった…というケースが多くあり

非常に注意が必要なフレーズになります。

 

大野肇 WESULT(ウィザルト)

大野肇 WESULT(ウィザルト)

 

しかも、3タップだけで

毎週40万円以上稼げると発言しています。

 

毎週40万円という金額を

たったの3タップで稼げるとは

あまりに非現実的な内容です。

 

自身が実践したとされる

画面を見せていましたが、

わざとアップしていないのか、

内容が全く見えない画面であり、

その点にも信憑性が薄く感じました。

 

大野肇 WESULT(ウィザルト)

大野肇 WESULT(ウィザルト)

 

そして、大野肇氏のウィザルトは、

ゴールドの取引で稼ぐスキームということで、

色々と話が始まりました。

 

なぜゴールドなのか。

それは値動きがわかりやすいからだそうです。

 

実は前に前川優太氏が担当した案件で

ゴールド相場の取引をする

金の小槌という案件が5月下旬頃ありました。

 

金の小槌 関連記事

 

取引通貨を同じにするという

あまりに雑な理由に驚きました(笑)

 

値動きがわかりやすいとのことですが、

値動きがわかりやすいチャートなんてありません。

 

そんなチャートがあったら、

投資家は苦労しないです。

 

また、ゴールドは値動きが少ないので、

その少ない動きの中で、

安定的に利益をとっていくのはさらに難しいです。

 

実際にゴールドの値動きを調べてみました。

過去十年分となりますが、確かに値動きが

あまりないのが確認できます。

 

金相場 NY株式市場の歴史 https://www.pwalker.jp/goldrekishi.htm

金相場 NY株式市場の歴史 https://www.pwalker.jp/goldrekishi.htm

 

為替でしたら、

ある程度の値動きで利幅が取れますが、

ゴールドで同じようなことをするのは難しい

といえます。

 

しかも、大野肇氏のウィザルトは、ゴールドの取引で毎月120万円と謳っていますから、レバレッジ、ロット数も相当かけなくてはいけません。

 

どれだけトレードが上手くても、一つの銘柄で毎月それだけの利益を出すことは

至難の技であり、とっても大野肇氏のウィザルトができるとは思えません。

 

なので、

毎月120万円とうたっていますが

あまり期待をしない方がいいでしょう。

 

大野肇 WESULT(ウィザルト)

大野肇 WESULT(ウィザルト)

 

そして、

相変わらず誇大表現が続きます。

 

いつでもどこでも誰でも

ということですが、

こういった表現は誇大表現として扱われます。

 

誰でもというフレーズは、

無料オファーにありがちな内容となっていますが

誰でもというのは特によく使われる表現となっています。

 

ビジネスモデルが

投資で取引通貨 金とはいえ

誰でも100%稼げるということは

ありえませんので

 

実践者の大概が実現せずに、

炎上の火種になることが多いです。

 

大野肇 WESULT(ウィザルト)

大野肇 WESULT(ウィザルト)

 

そして、

コンセプトにあるように、

毎月120万円以上稼げるアプリがウィザルト

というように発言してしまっています。

 

毎月120万円の根拠もいまだに説明されず、

不可解な点がいまだに残っています。

 

投資系の案件にも関わらず、

利回りを円表記にしている点も疑問ですね。

 

そもそも投資のシステムの販売で、

毎月●円以上と謳うこと自体が違法ですし、

この様子ですと多くの被害者が出てしまう可能性が高いです。

 

次回の3話と4話で何が語られるか不明ですが、

今後も大野肇氏のリザルトには注意が必要です。

 

大野肇氏はウィザルト
実績の捏造をしている?

大野肇氏はウィザルトの2話で実績を公開していました。

一つ目が、

彼が海外の証券会社で働いていた時の実績です。

 

大野肇 WESULT(ウィザルト)

大野肇 WESULT(ウィザルト)

 

まず、この実績が本当だったとしても、

過去に働いていた時の社内での実績を

ここで出すのは完全にアウトです。

 

なぜなら会社で働いていた運用実績というのは

入社時に秘密保持契約というものを始めに書かされるので

運用実績を表に出すこと自体違法とも言えます。

 

会社での運用実績を

あたかも自分の実績のように見せていますが、

実際なんの意味もありません。

 

この実績は、

所属していた証券会社という環境があったからこそ

実現できたものですので、

彼の実力だけで得たものではありません。

 

証拠金の額も桁違いですので、

運用方法など一般とは全く違いますので、

これを実績として出すのは悪質です。

 

そもそも

この実績自体が嘘の可能性もありますし、

数字が桁違いで大きすぎるために、

信用に値しない内容です。

 

大野肇 WESULT(ウィザルト)

大野肇 WESULT(ウィザルト)

 

二つ目に、

大野肇氏がアメリカの大手メディアに掲載された

という実績が公開されていました。

 

ただ、

スマホの画面を少し移しただけで、

中身は全く判別できませんでした。

 

どのメディアに掲載されたかのソースもわからず、

この掲載実績も捏造の可能性が非常に高いです。

 

本当にメディアに掲載されたのであれば、

正直に大元のソースを出した方が

信ぴょう性も上がります。

 

にも関わらずソースを出していないということは、

出せない理由があるということです。

 

つまりソース自体が存在しないか

メディアに掲載されたという実績自体が

捏造という可能性が十分あります。

 

これら二つの実績は、

捏造の可能性が非常に高く、

ウィザルトの中身が詐欺だった場合、

かなり悪質性が増す演出だと思います。

 

ウィザルトは過去の案件の傾向を見る限り、

詐欺の可能性が非常に高く、

危険性が高いので今後も注視していきますね。

 

もし過去に、

同様の詐欺被害にあった場合は、

下記のフォームからお問い合わせください。

 

では。

 

過去に情報商材の被害にあった方はコチラから↓

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

もしそのような商品を購入してしまった場合には、以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください