高橋謙太郎 GIFTプロジェクト主犯格がドバイから帰国後逮捕!詐欺ローンチの仕組みを解説!

合同会社SOULEIADO 加藤浩太郎  お金の配達員 GIFTプロジェクト

マメオです。
以前から話題になっている加藤浩太郎氏のギフトプロジェクトで、新たな逮捕者が出ました。

GIFTプロジェクトの企画立案や動画の監修などを行なっていたとされる主犯格、高橋謙太郎氏がドバイから帰国後に逮捕されました。

まずはじめに、加藤浩太郎氏のGIFTプロジェクトについては、こちらの記事で解説していますので、参考にお願いします。

加藤浩太郎のGIFTプロジェクトってなに?お金の配達員によるGIFTサービスって一体…

加藤浩太郎のギフトモニターの10万円プレゼントは嘘!実はあの案件「GIFT」だった…

 

GIFTプロジェクト主犯格 高橋謙太郎氏が逮捕!

10月17日、GIFTプロジェクトという詐欺事件の容疑者である高橋謙太郎氏が逮捕されました。

どうやら高橋謙太郎氏は、GIFTプロジェクトやそかの情報商材を販売した後、ドバイに逃亡し、移住していたようです。ただ、9月に大阪府警が逮捕状を取り、高橋謙太郎氏が帰国したタイミングで逮捕したようです。

なぜ帰国してきたのかは不明ですが、警察からの何かしらの打診があったのでしょう。もしかすると、ドバイの警察に捕まった方が罪が重くなるのかもしれません。この手の詐欺師たちは、自分たちが詐欺を行なっているという自覚があるため、半分逮捕される覚悟があった上で、ギフトプロジェクトのようなローンチを行なっています。

一気にお金を集めて、そのお金に豪遊し、資産をどこかに隠してしまえば、最悪出所後も生きていけます。もう遊び尽くして、さっさと刑期を終えて、またのんびり暮らそうとでも思っているのではないでしょうか?

ギフトプロジェクトをはじめ、そのほかのローンチでも大金を稼いでいたようですので、おそらく一生暮らしていける分の資産はあると思います。

被害者の方からしたら腸が煮えくり返るような言動だと思いますが、これが今の司法の限界です。ただ、奪われたお金を取り返す手段はありますので、お困りの際はぜひお問い合わせください。

高橋謙太郎氏はマーケッターを担当か?
ローンチ業界の仕組みを解説

今回のGIFTプロジェクトでは、計6人が逮捕されています。

毎日のように開催されているプロダクトローンチは、実は裏では多くの会社が関わっており、それぞれ役目があり、このように、色々な会社が関わっています。

コンテンツホルダー
マーケッター
動画主役 インタビュアー
LP作成会社
動画編集会社
アフィリエイター

ほとんどの会社は大きく分けて、
コンテンツホルダーとマーケッター、二つの会社でローンチを回します。そしてマーケッター側が自社でLPや動画を編集するか、別会社に外注します。

手間を減らすために、マーケッター2社とコンテンツホルダー1社という組み合わせや、コンテンツホルダー(動画主役)、コンテンツホルダー(コンテンツ作成、サポート)というように役割を分けるパターンもあります。

コンテンツホルダーというのは、主にコンテンツやツール、ノウハウ、カリキュラムを作成、サポート対応する側の人たちです。
多くの場合は、その代表が動画に出演し、主役を努めます。

マーケッターは、コンテンツホルダーが作ったコンテンツを売る役目を果たします。

アフィリエイターへの呼びかけ、LPの作成、動画シナリオ作成、ステップメール作成など、セールス全般をまかないます。

GIFTプロジェクトもこのように、各々役割分担があったと思われます。

今回のGIFTプロジェクト事件で逮捕されたのはこの人たち。

八木雄一
笠間悠
小久保卓
赤松愉乃
伊藤公一
高橋謙太郎

伊藤公一=加藤浩太郎=動画の主役を務めたコンテンツホルダーです。

高橋謙太郎=GIFTプロジェクトのマーケッターです。
八木雄一氏、小久保卓氏についても同様にマーケッターでしょう。

そのほかの人物は、経理やサポート、そのほかの雑務だと思います。

このように、多くの詐欺ローンチは色々な人物や会社が関わっており、組織的に行われているため、詐欺の全容や実態を把握しずらい事情があります。

今回のGIFTプロジェクトは警察の捜査によって、なんとか解明できたようですが、似たような詐欺案件は沢山あり、ほとんどは未解決です。

警察の捜査能力にも限界があるため、今立て続けに詐欺師が逮捕されるというのは期待できないでしょう。

また、逮捕されたからといって返金される訳ではないため、もし返金をご希望でしたら最善の方法をお教えします。

当メディアでは、GIFTプロジェクトと同様の詐欺案件を多く掲載していますので、もし過去にご自身が購入した商品が詐欺だった場合、一度記事を検索してみてください。

法的に返金する方法もお教えしていますので、お困りの際はお問い合わせをお願いします。

では。

 

過去に情報商材の被害にあった方はコチラから

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

もしそのような商品を購入してしまった場合には、以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください