桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)は3分で3万円を実現できるのか?

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)

本日の記事では、桐生秀臣氏が主役のSPIRAL(スパイラル)という案件についてチェックしていきたいと思います。

3分で3万円を毎日稼げると謳っている本案件ですが、果たしてそんなことが本当に実現可能なのでしょうか?

何かおかしい点がないのかについて、見ていきたいと思います。

情報商材にまつわる疑問や、情報商材詐欺の手口や見分け方が知りたい方は「情報商材詐欺にあった!?と思った際に今すぐ取るべき行動」をチェックしてください。

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)

特定商取引法に基づく表示

インフォプレナー名 桐生秀臣
案件名 SPIRAL(スパイラル)
販売会社 合同会社 パシャ
所在地 大阪府淀川区新北野1-13-12-A307号
電話番号 記載なし
メールアドレス info@spiral0000.biz
URL https://spiral0000.com/lp/main/
https://spiral0000.com/lp/lottery/
https://spiral0000.com/lp/comic/

 

【2020年10月更新】今スグ出来る!情報商材の返金方法を超具体的に大公開!!

 

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)の疑問点

早速ですが、スパイラルのLPを見ていきたいと思います。まずコンセプトとして、いつでもどこでも好きな時に毎日3万円が手に入るという内容を謳っています。

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)


このコンセプトの時点で、本当にそれが実現可能なのか?と純粋に思ってしまいます。
今度の動画でその答えが解説されると思うのですが、それでも常識的に考えて、あり得ない金額ではあります。あみにち3万円ですと、月にすると約100万円。

誰もが憧れる月収になりますが、当然世の中そう甘くはないので、きっちりとしたスキームが用意されている必要があります。

例えば毎日3万円稼ぐとなれば、100万円の資金で日利3%を出せるシステムが必要になります。日利3%となると相当なリスクが伴いますし、スワップやアービトラージのような、手堅い仕組みでなければ、ギャンブル的なやり方になってしまうでしょう。

ただアービトラージのような比較的リスクが低い手法でも日利3%は厳しいので、毎日3万円はかなり非現実的だと思います。その点を解決できるのか?今後の動画に注目したいと思います。

 

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)


そして、シニア顧客満足度総合第一を3年連続達成しているということですが、これについてのエビデンスが記載されていません。
基本的にランキングを謳う場合は、〇〇調べというように、リサーチをした会社名やサービス名が注釈で表記されるのが一般的です。

それがないと、自分でいくらでも言えてしまいますので、現状このランキングについては、存在すら怪しい状態です。そんなランキングが一体どこで集計されているのか非常に疑問です。

 

井口雅弘 ALL SHARE PROJECT (オールシェアプロジェクト)

井口雅弘 ALL SHARE PROJECT
(オールシェアプロジェクト)


そしてこの画像を見る限り、元手は5万円から始めることができるようです。
しかし、毎日3万円の収益ということですから、さらに非現実的な数字になっています。初期費用5万円から3万円を稼ぐというのは、かなりの利回りですので、普通の投資からしたらあり得ないです。日利60%を稼がないと、5万円から3万円は生み出せません。

ウォーレンバフェットですら最高で年利23%です。それを考えると、不可能だと私は思います。この数字を見て、ますます実現可能なのか疑問になってきましたので、今後の情報に期待しましょう。

 

井口雅弘 ALL SHARE PROJECT (オールシェアプロジェクト)

井口雅弘 ALL SHARE PROJECT
(オールシェアプロジェクト)

 

また、こちらの文章を見ていると、機関投資家と同じ動きを完全自動で再現とあります。本当に一流トレーダーのノウハウが組み込まれているのかも謎ですし、そのスキームは、システムの実態を見ないとわかりませんね。

 

井口雅弘 ALL SHARE PROJECT (オールシェアプロジェクト)

井口雅弘 ALL SHARE PROJECT
(オールシェアプロジェクト)

 

そして、こちらのLPは別で用意されていたページになります。毎日3万円当たる抽選ということですが、本当にこんな抽選がされるのでしょうか?別の同様の案件では、自動売買システムやアプリで稼ぐ金額を抽選に置き換えているケースが多いです。あくまで読者を誘導する表現で実態とと異なる可能性が非常に高いです。

もしされなければ、嘘の情報で集客をしているということですので、問題だと思います。

 

懸念すべきこと

続いて、桐生秀臣氏のスパイラルで、懸念すべきことについて書きます。

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)

 

この文面を見る限り、スパイラルのシステムは、5年以上マイナスを出していないそうです。たとえそれが本当だったとしても、投資にはマイナスはつきものになります。

ただし、そのエビデンスは今のところ存在していません。

本当だったらLPに実績を載せてもいいと思います。

その方が信憑性がありますし、それがないということは逆にシステムの仕様に難があるということではないでしょうか。記載の通り、負けることももちろんありますので、資産を失うという懸念点が1つ挙げられます。

そして記載事項の中に、負け越すということはないという記載があります。この記載については根拠がないので、LPの内容全てが虚偽の可能性が高いです。

特に投資案件のようですので、負け越さないという保証はどこにもありません。

今のところ、トレード履歴のような明確なエビデンスが開示されていませんので、本当に勝てるシステムなのか?そして本当にシステムが存在しているのかすら不明です。それらは今後発表されていくと思いますが、実態をまずは確認していきましょう。

また、スパイラルは過去に何度も開催されている、毎日何万円稼げる系の案件と酷似しています。

無料のデモアプリで架空の実績を表示して、勝てているように見せる案件の可能性もありますので、その点も気にする必要がありますね。

 

SPIRAL(スパイラル)のビジネスモデルは?

そんな桐生秀臣氏のスパイラルのビジネスモデルは何なのでしょうか?すでに多くの方が感づいていると思いますが、完全自動という表現がありましたので、おそらくFXの自動売買案件だと思います。

井口雅弘 ALL SHARE PROJECT (オールシェアプロジェクト)

井口雅弘 ALL SHARE PROJECT
(オールシェアプロジェクト)


また、こちらの画像に表記されている振込元は、海外FX業者です。

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)

 

ですので、FXの自動売買案件というのはほぼ確定だと思います。

 

主役の桐生秀臣氏は信用できるのか?

スパイラルの主役である桐生秀臣氏は何者なのか?

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)

桐生秀臣 SPIRAL(スパイラル)

 

肩書きを見る限り、よくあるプロフィールという印象です。ヘッジファンド出身という素晴らしい肩書きのようですが、残念ながらそれが本当か確かめる方法がありません。この業界には、嘘の経歴をのべる人の方が実際多いので、この手のプロフィールはなかなか信用ができないのが現実です。

特にヘッジファンドをやめて、なぜこの業界にきたのかが謎です。

ヘッジファンドであれば、多額の報酬を稼げますので、わざわざリスクを背負ってローンチに出演する意味がありません。

なので、桐生秀臣氏は実績のない演者の可能性もあります。

この手のローンチでは、単なるアルバイトで雇われた可能性のある演者が主役を行なっている可能性が高く、実際は投資の経験がないケースも多々あります。実際この業界では役者を使って投資家を演じる案件が非常に多いので、その可能性も視野に入れた方が良さそうです。桐生秀臣氏のスパイラルは、今後の動画が公開されますので、注目しておきましょう。

購入した商品が詐欺だと感じた方は、こちらの記事を参考に弁護士に返金相談することをお勧めします。

情報商材詐欺などの返金はこちらを参考に

「簡単に稼げる」でおなじみの情報商材、ネットビジネス、副業系の詐欺が横行しています。

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースがほとんどです(9割くらい)

もしそのような商品を購入してしまった場合、キッパリと見切りをつけて速やかに返金に向けて動いてください。大切なお金を取り戻して被害を最小限に止める事が先決です。

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

情報商材の返金はスピードが命です。

【2020年10月更新】今スグ出来る!情報商材の返金方法を超具体的に大公開!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

元情報商材コレクター。元悪徳商材被害者。被害金額は1,000万円以上…その後業界最多!情報商材レビュー専門家となる。2013年末ごろからレビューし始めた情報商材レビューのパイオニア。記事多数取り揃えてあります。正しい情報、詐欺商材、有料商材などをこれまで培ってきた独自の視点でみなさんに共有・解説します。