鈴木雄一 ESG投資プログラムの評判とは?不動産詐欺?ESG投資7選をご紹介

鈴木雄一 ESG投資プログラム

約4500文字 閲覧時間10分

 

マメオです。

 

鈴木雄一のESG投資プログラムという

莫大な資産資産の構築を目指す

オファーが公開されましたので

記事にしていきたいと思います↓

 

鈴木雄一 ESG投資プログラム

鈴木雄一 ESG投資プログラム

鈴木雄一 ESG投資プログラム

 

 

URLはコチラ:

https://esg-investor-program.com/1ldpa/

https://esg-investor-program.com/ldagh2/

https://esg-investor-program.com/aeti3pvb/

 

保存URL(http://archive.is)

http://archive.is/gIe8y

http://archive.is/ymOQ8

http://archive.is/4HkcD

 

上記URLはオファー開始後にリンク切れになる可能性があるので

保存しておきましたのでLP参考にお使いください。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

鈴木雄一 ESG投資プログラム

ESG投資を理解して

ローリスク、ハイリターンで堅実に

莫大な資産の構築を目指すとうたう

オファーが公開されました。

 

仕掛け人は鈴木雄一氏。

 

鈴木雄一といえば

過去に同姓同名で

不動産の案件をしかけていたことで知られています。

 

鈴木雄一 不動産投資メソッド

鈴木雄一 不動産投資メソッド

 

鈴木雄一の不動産投資メソッドの評判とは?知識・経験ゼロでも可能なのか?

 

経歴を確認してみますと

ネットビジネス、株、FXなどを模索するも

最終的にたどり着いたのが不動産投資と

記載しています。

 

過去に仕掛けていた人と

関係があるのかどうか

不透明なところがありますが

不動産投資と言う部分が共通しています。

 

今回の案件名でも触れている

ESG投資について掘り下げていきたいと思います↓

 

鈴木雄一 ESG投資プログラム
ESG投資とはなに…?

ESGとはまず

・環境 Environment

・社会 Social

・企業統治 Governance

の略称となります。

 

意味としては大和証券社がわかりやすく、まとめていた内容がありましたのでシェアします。下記のとおりです。

 

ESG投資とは、環境・社会・企業統治に配慮している企業を重視・選別して行なう投資のことです。
ESG評価の高い企業は事業の社会的意義、成長の持続性など優れた企業特性を持つと言えます。

引用文献:大和証券

 

さらに国土交通省も

2019年4月にESG投資を呼び込む不動産市場へというタイトルで報道発表資料を提供しています。

 

国土交通省 ESG投資 不動産 ESG不動産投資

国土交通省 ESG投資 不動産 ESG不動産投資

 

国土交通省;ESG投資を呼び込む不動産市場へ

【別紙1】ESG投資やSDGsの観点から見た不動産投資などのあり方

 

簡単に言うと投資家が

投資先に対して

・環境 Environment

・社会 Social

・企業統治 Governance

への配慮を求める動きが拡大しているということですね。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

鈴木雄一 ESG投資プログラム
ESG投資にはどんな種類あるの?

 

ではESG投資の種類とはなにか?

調べたところ以下ニュースサイトから引用いたしました。

 

ESG投資の種類 7選

世界のESG投資の統計を発表しているGSIA(Global Sustainable Investment Alliance)は、ESG投資の種類を7つに分類しています。

1. ネガティブ・スクリーニング

特定の業界の株式や債券を投資対象から除外する投資手法です。
除外される業界の例としては、武器、たばこ、原子力発電、ポルノ、ギャンブル、アルコール製品、動物実験、化石燃料などがあります。
除外理由としては、宗教的倫理観に反するものというものが多かったのですが、最近は原子力や化石燃料など環境破壊に起因するものも増えてきました。ESG投資が、まだSRIと呼ばれていた時代、いち早くSRIを始めたのはキリスト教系の財団や年金基金が多く、このネガティブ・スクリーニングからSRIは始まりました。
今でもネガティブ・スクリーニングは、世界最大のESG投資手法です。

2. 国際規範スクリーニング

特定の業界を除外するネガティブ・スクリーニングに対し、国際規範スクリーニングは業界横断で、環境破壊や人権侵害など国際的な規範を基に、最低限の基準を達していない企業の株や債券を投資対象から除外する手法です。
参照される国際規範は、国際労働機関(ILO)が定める児童労働や強制労働などの規範、OECDが定める規範、国連機関が定める環境ルール違反など多岐に渡り、どれを採用するかは機関投資家それぞれの判断となります。最近では、採用した規範ごとにスコアを採点し、総合ESGスコアの低いものを除外するというものも生まれてきました。
国際規範スクリーニングは、北欧の機関投資家に多いのが特徴です。

3. ポジティブ・スクリーニング/ベスト・イン・クラス

上記2つが特定のものを除外するスクリーニングであったのに対し、ポジティブ・スクリーニングは、ESGに優れた銘柄のみを選抜して投資する手法です。
銘柄のESG評価では、国際規範スクリーニングと同様に、人権、環境、従業員対応、ダイバーシティなどESGテーマごとに基準を設け、総合ESGスコアをもとにスコアが高いものを選抜するという作業が実践されています。


4. サステナビリティ・テーマ投資

社会や環境に関する特定のテーマを設定し、それに関連する企業の株式や債券に限定した投資を行う手法です。
「エコファンド」「水ファンド」「再生可能絵エネルギー投資ファンド」などは、サステナビリティ・テーマ投資の一例です。日本にSRIという言葉が入ってきたときに、最初に組成されたのが「エコファンド」だったため、日本では最も老舗とESG投資手法であり、そのためESG投資と言えばサステナビリティ・テーマ投資をイメージすることも日本では多いです。
しかし、世界全体のESG投資統計の中で、サステナビリティ・テーマ投資の割合はごくわずかで、むしろ最近ようやく伸びてきています。


5. インパクト・コミュニティ投資

社会的インパクトや環境インパクトを重視した投資手法です。
コミュニティの発展を目指すためのコミュニティ投資もインパクト投資の一分野と定義されています。インパクト投資には、財務パファーマンスを犠牲にしても社会や環境へのインパクトを重視するタイプのものと、社会や環境へのインパクトと財務パフォーマンスも双方とも追求するタイプのものがあります。社会や環境へのインパクトを行う企業には、社会企業(ソーシャル・エンタープライズ)と呼称するものが多く、上場していない企業が多い領域です。そのため、インパクト投資は非上場企業や特定のプロジェクトなどに投資を行うことが主流です。また、最近では、インパクトをより重視するという観点から、グリーンボンド、ソーシャルボンド、グリーン・インパクト・ボンド(EIB)、ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)なども、インパクト投資に位置づけられることが増えてきています。

6. ESGインテグレーション

現在、ESG投資手法の中で最も注目されているといっても過言ではないのが、このESGインテグレーションです。ESGインテグレーションは、既存の投資先判断の中に、財務情報だけでなく、非財務情報、すなわちESG情報をともに織り込んで判断していこうというものです。特定のものだけを除外したり、特定のものだけを選抜するのでもなく、全体的な銘柄評価の中でESG観点が考慮されるのが、その特徴です。一方、どのような非財務情報をどれだけ重視するかは個々の機関投資家の判断となるため、ESGインテグレーションの中身は千差万別と言えます。ESGインテグレーションは、現在急成長しており、ESG投資全体の中でも、ネガティブ・スクリーニングに次いで2番目に大きな運用額となっています。

7. エンゲージメント/議決権行使

上記6つの手法が、投資先選択に関するものであったのに対し、エンゲージメント/議決権行使は投資先との関わり方に関するものと言えます。
エンゲージメントとは、投資先企業や投資を検討している企業に対し、株主(もしくは将来株主)の立場から企業に対して特定のアクションやポリシーを採るよう働きかけることを言います。
議決権行使は、エンゲージメントよりさらに強力で、株主総会の場で株主の権利である議決権を行使し、企業の意思決定に対する力を行使することを指します。議決権行使では、ときには投資先企業の経営陣の意思と反する立場をとることもあり、プロキシー・ファイト(委任状争奪戦)までに発展することもあります。以前は、アクティビストと呼ばれることもあり嫌煙されていたエンゲージメントや議決権行使は、いまや株主の責任として積極的に行使することが求められるようになっています。日本版スチュワードシップ・コードの中でも、エンゲージメントや議決権行使は、株主の権利ではなく、「株主の責任」として位置づけられています。
エンゲージメントや議決権行使の手法は、単独で採用されることもありますが、上記6つの手法と組み合わせて行われることも非常に多くあります。

引用サイト;サステナビリティ・ESG投資ニュースサイト

 

長々と文章を引用して

申し訳ございません。

7選紹介しましたが内容が難しいと思う方も思うのではないでしょうか。

 

簡単に言いますと

今回の案件の仕掛け人「鈴木雄一」氏は

過去に不動産案件を行ってきたので

 

ESG投資に不動産投資を加えた

ESG不動産投資の可能性が濃厚とも言えます。

 

鈴木雄一 ESG投資プログラム
ESG不動産投資とは?

ではESG不動産投資とはなにか?

簡単に言いますと代表例として

太陽光発電などのへの投資になります。

 

この太陽光発電などの

ESG不動産投資をすることで

メリットとして

ESG投資を評価する金融機関、企業、投資家へのアピールができることで、資金調達などに有利になる可能性があります。

デメリットとしては

金銭面に多額の費用がかかってくることですね。

 

ESG投資には

・経済的リターンの獲得

・社会的リターンの増大

の2つメリットがありますが

 

社会的なリターンをどう評価するのかに関しましては、判断が難しいとされています。

 

理由としましてはESG投資は、まだ年数が浅いため、手法が確立され取らず分析に必要なデータがなにがあるのか明確になっていません。

ESG投資を促進している企業はあるものの、ESG投資は短時間で成果が上がるものではないので、運用に関しては長期的な視点で見ていく必要があります。

 

私個人の意見としては

今回の案件 鈴木雄一のESG投資プログラムですが

鈴木雄一氏自身には、不動産の経験がありますのでESG投資をして長期的な視点をみていくという観点では評価できますが、やはり投資ですのでコスト面がかかってくるという点は否めない部分でもあります。

今後もこちらの案件に注視していきたいと思います。

 

では。

 

過去に情報商材の被害にあった方はコチラから↓

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

もしそのような商品を購入してしまった場合には、以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください