【年収2倍はホント?】ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT(チャージプロジェクト) 評判評価は?詐欺なの?

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

 

マメオです。

 

世界屈指の富裕国ルクセンブルク発祥とうたう

ジェームズ森という人物が主役の

THE CHARGE PROJECT(ザチャージプロジェクト)が公開されました。

ので情報をシェアします↓

 

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

 

LPはこちら

https://thecharge.info/noperder/?tid=6441189

https://thecharge.info/hombrerico/

https://thecharge.info/gracias/

https://thecharge.info/sociedadbrecha/

https://thecharge.info/Iracasa/

https://thecharge.info/mareaalta/

 

 

ジェームズ森
THE CHARGE PROJECT
開催ASPは信用できる?

日本は再び高度経済成長を迎えるという

THE CHARGE PROJECTが

IROHAアフィリエイトセンターで開催されました。

 

仕掛け人はジェームズ森氏。

 

このASPについては

ほとんど案件を開催していないため、

情報がほとんどありません。

 

ただ一つ気がかりなのが、

ASPのシステムが佐藤ひろひで氏という人物が関わっている

ビリオネアという会社で開発されたシステムだということです。

 

ビリオネアという会社は過去に

仮想通貨案件で派手に詐欺をやらかし、

しばらく雲隠れしていた組織です。

 

さらに、佐藤ひろひで氏は、

仮想通貨系の案件で脱税を行い、

国税にお金を持っていかれたばかり…

 

そのせいか

お金をまた稼ぐために

ローンチ案件を再開した可能性も高いと考えられます。

 

ただ、

IROHAアフィリエイトセンターの運営者は公開されておらず、

彼が関わっているのかは不確定な情報になります。

 

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECTとは?

主役が外国人ということで、

それだけでも怪しいジェームズ森氏の

THE CHARGE PROJECTについて早速見ていきましょう。

 

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

 

発祥はルクセンブルク

日本は再び高度経済成長を迎える

 

というキャッチコピーですが、

この時点で怪しさ満点です。

 

まず、ルクセンブルク発祥とのことですが、

この点についてはエビデンスがあるのかどうか

今後の動画で判断していく必要がありますね。

 

実態のないシステムなんて

情報商材のローンチ案件は

ザラにありますので、

架空の作り話しという説も濃厚です。

 

また、

日本は再び高度経済成長を迎えるとありますが、

それもまずありません。

 

人口が減り続けている時点で、

好景気は二度とこないと思った方がいいです。

 

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

 

またジェームズ森氏のチャージプロジェクトは、

日本人の平均年収を2倍にする

というコンセプトもあるようです。

 

これもかなり酷いコンセプトでして、

そもそもがスケールがでかすぎるお話ですし、

平均月収を2倍にしたら、

物価も2倍近く上がりますので意味がありません。

 

資本主義社会はゼロサムゲームですので、

全員の収入を底上げしたら物価も上がります。

 

せめて海外から資本を引っ張ってこないと、

平均月収を2倍にするなんて実現は絶対に出来ません。

 

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

 

そしてジェームズ森氏の

チャージプロジェクトですが、

一番の目玉商品は、

毎月最低30万円が自動でチャージされるアプリだそうです。

 

毎月30万円も本当に

自動でチャージされるということは

毎月なんらかの形で

収入が入るということになります。

 

毎月30万円…

一般サラリーマンと同じぐらいの

自動で収入が入るのであれば

生活が豊かになることは間違いありません。

 

しかし、毎月30万円という

お金がどこからどこへ流れて

あなたに支払うのか不透明でもあります。

 

過去のローンチ案件の事例で

おそらくアプリと言っても、

収入が発生しているように見せる

デモアプリというケースもあります。

 

デモアプリでしたら

言うまでもなく架空のお金を運用して

増やしているように見せかけている

だけですので

 

実際にお金が増えているという

可能性はまったくありません。

 

今後動画の公開に合わせて、

そのアプリについても検証していきます

 

またLP上では

 

・初期費用、年会費完全無料

・作業、努力、知識不要

・完全放置

・自動チャージ毎月最低30万円

 

という典型的な詐欺商材のフレーズも使用されています。

 

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

 

初期費用、年会費無料

とありますが、

 

この手のオファーは例が多く

最終的にはローンチ動画終盤で

コミュニティの参加料という名目で、

数十万円の費用が課せられるケースが多いです。

 

その金額を支払って

元が取れるのであればいいのですが…

現状はなんとも言えません。

 

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

 

そして、

人工知能というワードが出てきています。

人工知能つまりAIですね。

 

人工知能とかAIという文言は

商品に特別感といった

付加価値が加わります。

 

購入を検討している人からすると

 

人工知能搭載のシステムだし

買ってみようかな…

 

という気持ちになり

最終的に購入してしまう

という事例が多いです。

 

ただこの手のケースは

情報商材でのオファーとなりますので

人工知能搭載といっても、

実際に人工知能をシステムに搭載するには

何千万円と開発費用がかかるのが妥当です。。

 

それを無料オファーで紹介して

しかも初月から30万円稼げるアプリとなりますと

どうしても販売者側にデメリットしかありません。

 

なぜなら開発費用を回収できないからです。

 

そのためアプリ開発費用という名目ではなく

コミュニティ参加費用という形で

後々お金を回収するというケースがあります。

 

人工知能のシステムなんて

そう簡単に作れるものではなく、

 

この手のアプリやシステムには

人工知能が使われていないことがザラでありますので

警戒する必要性はあります。

 

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

 

 

テストモニター100名様が初月から

月収2倍UP

 

この表現もよくある文言ですね。

 

まず

テストモニター100名が初月から月収2倍UP

ということですが、

 

なにを根拠にLPに記載しているのか不明瞭となります。

つまりLPをみている販売者に対して

証拠も実態もない架空の実績を記載していると

断言できます。

 

証拠がない実績を乗せるのは

景品表示法の違反として訴えることができますので

LPや販売者をメモしておきましょう。

 

 

また月収2倍という表現

なにを根拠に記載しているのか不明で、

人それぞれ月収も違いますし

元金も違いますので

最終的に稼ぐ金額が異なってきます。

 

お金をどのように稼いでいくのか

不透明な部分がありますので

ジェームズ森氏の今後の動向が

気になるところです。

 

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

ジェームズ森 THE CHARGE PROJECT チャージプロジェクト チャージ

 

こちらでは、

完全自動化だからこそ再現性100%

と記載されています。

 

再現性100%であれば

実践者全員がやれば稼げるということですが

 

本当にそのような

再現性のあるシステムが世の中に出回ったら

革新的なシステムとニュース沙汰に

なるのは目にみえています。

 

今回のジェームズ森氏の

THE CHARGE PROJECT(チャージプロジェクト)

ですが

 

公開されると同時に

ニュースに取り上げられましたか?

100%取り上げられてないはずです。

 

今記事をみているあなたは

なんらかのネット広告を見て

ジェームズ森氏の

THE CHARGE PROJECT(チャージプロジェクト)

に申し込んだはずです。

 

テレビ沙汰になってない時点で

ジェームズ森氏の

THE CHARGE PROJECT(チャージプロジェクト)は

 

そこまでテレビに注目されるほどの

信憑性が薄いというわけです。

 

再現性100%という

この断定的な表現は特商法的に違法ですので、

 

もちろん実践してそのとおりに稼げなければ

ジェームス森氏及び

このTHE CHARGE PROJECT(チャージプロジェクト)

に疑いがかかるところですね。

 

マイナスの収支がでる再現性が100%

でないことを祈るばかりです…

 

ともあれ、

ジェームズ森氏のチャージプロジェクトは、

経験上かなりの危険が潜んでいるローンチになります。

 

動画の再生数もそこそこあるようですので、

今後新しい情報が入り次第記事を更新したいと思います。

 

もし過去に、

同様の詐欺被害にあったことがある場合、

下記のフォームからお問い合わせください。

 

ジェームズ森氏のチャージプロジェクト

ローンチ動画第一話の内容は下記から

【アプリの実態に迫る】ジェームズ森 チャージプロジェクトのアプリを徹底検証 お粗末過ぎるその中身とは?

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

1 個のコメント

  • こんにちは。
    ブログランキングからきました。
    情報商材、高額塾はたくさんあるので気をつけないといけないと思いました。
    とても参考になりました。
    情報ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください