井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)評判は?ニキサロン講師は信用できる?

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

マメオです。

井上鉄哉氏が主役の
Bit Slugger(ビットスラッガー)について記事にします。

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

 

LPはこちら
http://bit-slugger.net/nf/s1g/
http://bit-slugger.biz/lp/f2s/

バックアップ用
http://archive.is/3uRri
http://archive.fo/aVYjM

動画

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)とは?

井上鉄哉氏が主役の
ビットスラッガーが公開されました。

久しぶりに仮想通貨系の案件のようで、
大きな危険が潜んでいる可能性もあるため、
内容について見ていきましょう。

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

 

まずコンセプトとして、
一発逆転のホームラン級の爆益
という内容が謳われています。

コンセプト自体が単純な上に
本当に一発逆転の博奕が可能なのか
不安が募ります。

一般的にコツコツ資産を増やすという
案件はよくありがちですが

今回の案件は一攫千金を狙う投資のようですので、
そこにはやはり大きなリスクがあります。

投資というよりも投機というのが正しいでしょう。

いわばギャンブルのように、
大きな価格変動で一気に稼ぐということですので、
手法的にリスクが高く、
ギャンブル好きの日本人を意図的に狙っているかのようなコンセプトです。

ですので、
リスクの面について、
この先の動画で注視していく必要があります。

また、
井上鉄哉氏の投資人生の集大成ということですが、
これはよくある誇大表現です。

集大成という言葉は、
この手の案件でよく使われています。

酷い場合は同じ人物が
なんども集大成を謳っていることもありますので、
集大成という言葉自体に信用性はありません。

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

 

誇大広告、アオリ文句は一切なし
とわざとらしく記載がありますが、
その真意はこれからわかるでしょう。

ただ、
現状井上鉄哉氏が発表している
ビットスラッガーの実績は非現実的です。

17ヶ月完全放置で
100万円が2600万円だそうです。

つまり26倍に資産が増えています。

普通にビットコインを持っているだけでは
とても達成できない数字ですので、
大きな価格変動の往復で、
都合よく利益を取らなければ、
ここまで資産は増えません。

たとえ井上鉄哉氏自身が実力のあるトレーダーだったとしても、
それを自動化してここまでの成績を出すのは至難の技です。

一体どんなロジックで実績を出したのか、
今後の動画で注視していく必要がありますね。

 

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

 

高齢者OK、未経験OK、PC苦手OK
ということですが、
これも典型的な謳い文句です。

ただ、高齢者やPC苦手という表現に危険性を感じます。

明らかにターゲットは、
ITリテラシーのない中高年者であるからです。

そういった方達を嵌め込みたいという
意図が伝わってくる記載内容です。

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

 

そしてこちらはビットスラッガーの別のLPです。

・国内利用者1000名
・オススメ度No1
・ボタン一つで1200%の利益

ということですが、
自分でオススメ度No1と言っている点がまずおかしいですね(笑)

そして、
国内利用者1000名規模で1200%の利益率は
市場にかなり影響を与えるレベルです。

ビットフライヤーで行えば、
規制も入るレベルの規模です。

海外の取引所で行なったとしても、
これだけの人数が同時に取引をすれば、
少なからず影響は出るでしょう。

利用者同士の注文の取り合いになる可能性も高く、
全員が同じ結果を出すことは難しいでしょう。

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

にも関わらずこのような表記があります。
すでに1000名の方が1200%を得続けているということですが、
やはり非現実的です。

そのエビデンスもまだないため、
よくある実績者の捏造と捉えても良いでしょう。

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

また、
経済危機レベルの暴騰、暴落を
ビットスラッガーは全て利益に変えることができるようです。

流石にこれは誇大表現でしょう。

そのような価格変動で全て利益が出る
という記載は、不実の告知になります。

実際勝つことが出来なければ、
トラブルの元になる記載です。

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

ビットスラッガーは、
ビットコインチャートが激しく上下する限り、
あなたの口座残高を増やし続ける
ということですが、
これも誇大表現でしょう。

口座の残高が必ずしも増え続けることはなく、
時には大損をすることも
投資である以上は必ずあります。

そういったリスク説明を全て省略した、
悪質な表現だと思います。

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

ビットスラッガー主役の井上鉄哉氏はニキサロン講師の「いの」

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

井上鉄哉 Bit Slugger(ビットスラッガー)

 

さて、今回の主役である井上鉄哉氏は、
ニキサロンという仮想通貨トレードサロンの講師を行なっている人物です。

ツイッターでは「いの」という名前で活動し、
noteの販売などしているようです。

https://twitter.com/vs_ino?lang=ja

LPでは元プロゲーマーということが推されていますが、
そこは投資とは全く関連性がないので
意味不明となります。

また、ASPの説明欄には
井上鉄哉氏に関するきになる情報がありました。

どうやら井上鉄哉氏は、
草コインの運営も行なっていたようです。

草コインということは
多少なりとも仮想通貨に詳しい人物と言えますので

情報業界にありがちな仮想通貨や
ICOにも詳しい人物ということがわかります。

草コイン=アルトコインということになりますので
インフルエンサーやメディアなどに取り上げされたら
値上がりする可能性もありますが

井上鉄哉氏が量産していた草コインが全部が全部
値上がりした事実はないので今回の案件もイマイチ信用性にかけるということがわかります。

またさらにニキサロンについても色々とあまりいい噂も聞いてないで
ビットスラッガーについても何かしらの関連性があるのではないでしょうか。

今後詳しい動画が公開されると思いますので、
引き続き注視していきましょう。

もし過去に、

同様の情報商法商材の被害にあって

・お金を少しでも取り戻したい…

・販売者と連絡がつかない…

・今後どうすればよいのかわからない…

という方は下記をご参考ください。

 

では。

 

返金でお困りの方はコチラ

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

 

すぐにでも返金したい!お急ぎの方はコチラ

「サポートと連絡がつかない…」

「商材を購入したが稼げない…」

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページですぐ返金請求をしていきましょう。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください