【実績や実力は捏造】梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)の不審点

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

マメオです。

前回の記事に引き続き、
梶沢佑氏が主役のBelieve Project(ビリーブプロジェクト)について記事にします。

前回の記事

【振込はなし?】梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)で先払い報酬は本当か?

梶沢佑 Believe Project
(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

概要

インフォプレナー名 梶沢佑
案件名 Believe Project(ビリーブプロジェクト)
販売会社 株式会社エクストラオーダー
所在地 〒105‐0013 東京都港区浜松町 2丁目2番15号
電話番号 03-4405-05704
メールアドレス info.believeproject@gmail.com
(【Believe】公式LINE@のみで受付しております)
URL https://the-believe.com/lp/1/
https://the-believe.com/lp/2/
https://the-believe.com/lp/3/
備考

 

【即返金】今スグ出来る!情報商材の返金方法を超具体的に大公開!!

 

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)
第一話

KAZIこと梶沢佑氏のBelieve Project(ビリーブプロジェクト)ですが、第一話が公開されていたので見ていきましょう。

ビリーブプロジェクトは、前代未聞の投資スキームを謳っており、その結果がどうなるのか非常に興味深いです。

ただ、現状説明に不備があり、スキームがはっきりしない状況ですので、本当に稼げるのか?についてチェックしていきます。

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

まず、早速梶沢佑氏の実績について触れる場面がありましたが、彼は今まで10億円以上を生徒に稼がせたようです。いきなりとんでもない発言が出ましたが、現実的に考えて、嘘の実績でしょう。

生徒の収支を完全に把握することは不可能ですし、桁もおかしいです。今までいくら稼がせてきたというのは、パンダ渡辺らがよく行なっていた手法ですが、全くあてになりません。

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

また、冒頭、梶沢佑氏がつけている時計についてわざとらしく触れていました。時計の金額までアピールしていますが、完全にギラギラ系の案件に思えます。

部屋の雰囲気もそうですが、全体的にひと昔前のギラギラ系の投資案件を思い出されます。稼いでそうな人をアピールしていますが、実際のところはわかりませんので、そこは信用しすぎない方が良いです。

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

そして、梶沢佑氏の実績として、4年間で25億円以上の利益を稼いだというとんでもない話が出ました。流石にこれは嘘にもほどがあります。

常識的に考えて、それだけの金額を稼いでいたら、税金を差し引いたとしても、相当な資産が余っているはず。そのような人物が、わざわざ名前と顔を出して、リスクを背負ってローンチに出演する意味がありません。

また、先に稼いだお金を支払うという、意味不明なスキームを見る限り、運営の方にリスクがあるように思えます。わざわざ自分のリスクを背負ってまで、視聴者を稼がせようとする意味もわかりませんので、彼が稼いだとされる金額には信ぴょう性がないと思います。

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

Believe Project(ビリーブプロジェクト)は2週間に一度平均20万円稼げるという、この案件のコンセプトが改めて公開されました。金額的に、かなり非現実的な数値なので、本当に現金で振り込まれるのか、その点をしっかりチェックしましょう。

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

利益の全額を先にお支払いするということを梶沢氏は押していますが、まずこの仕組みが意味不明です。FXでトレードをして運用するわけですから、利益額は不安定なはずです。

それを先に支払うという意味が理解できません。きっと、この謎スキームは誰も理解できないと思います。

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

2週間に一度何もせずに稼げるという甘い表現が使用されていますが、まず2週間に一回というスパンも根拠がありません。FXでトレードをするのであれば、口座を開設するはずで、それは自分の口座で行わないとおかしいです。

自分の口座で行うのであれば、好きな時にいつでも引き出せます。2週間に一回という縛りがあるということは、梶沢佑側の口座で資金管理が行われるのでしょうか。それはかなり危険ですし、出資法違反にも問われると思います。

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

そして、珍しいですが、梶沢佑氏のビリーブプロジェクトでは、少額の参加費用がかかるようです。先にお金がかかることを説明するのは良心的な方だとは思いますが、本当に少額なのか気になりますね。

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

ただ、会員費用は生涯分、梶沢佑氏が負担するようです。自分の案件の参加費を自分で負担するっていうのはちょっと違うと思いますが、実質無料をアピールしているのと同じです。

こう言っておきながら、最後には料金が必要なパターンも想定されます。

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

稼いだ利益の全額を振込、その半分をKAZI氏の元に返金するという仕組みの話がありました。どういうこと??と思ってしまうような内容ですよね。

振り込むのも手間ですし、半分戻すのであれば、最初から半額振り込めば良いだけの話です。また、参加費も必要で投資資金も自分で出した上に、運用手数料のようなものまで支払うというのもおかしな話です。運用手数料として50%取るのであれば、参加費はかからない形式が普通でしょう。

今後どうなるのか見ものです。

 

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)第二話

続いて、梶沢佑氏のBelive Project (ビリーブプロジェクト)の第二話の内容を見ていきます。

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

梶沢は過去一度も資金を溶かしたことが無いという発言から始まりました。流石にこれも嘘でしょう。あまりに都合が良すぎます。どんなトレーダーでも一度は資金を溶かした経験があるはずです。

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

確実に利益を出すという表現も飛び出しました。これは完全にアウトです。投資案件で確実に利益を出すという表現をするのは違法ですので、もし稼げなかった場合は返金申請をするべきです。

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

梶沢佑 Believe Project(ビリーブプロジェクト)

 

また、10名限定で100全額の利益をお渡しとありますが、これが普通のような気がします。どのようなスキームなのか、未だ謎が多いですが、契約内容によってはかなり理不尽が多い気がします。

梶沢佑氏のビリーブプロジェクトは、過去に例がないスキームで、様々なトラブルが起きる可能性もあります。もし、今後詐欺被害にあった場合は、返金方法をお教えしますので、お問い合わせください。

では。

 

続き記事

【搾取スキーム】梶沢佑 Believe Salon(ビリーブサロン) 詐欺被害の返金方法は?

 

過去に情報商材の被害にあった方はコチラから

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

もしそのような商品を購入してしまった場合には、以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

【即返金】今スグ出来る!情報商材の返金方法を超具体的に大公開!!

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください