藤田守 AXEL(アクセル)の評判は?過去案件の再販!?バイナリーの自動売買は稼げる?

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

マメオです。

チラッと覗いてみたら本業を超える収入が毎月入金されている!とうたう藤田守氏が仕掛けるAXEL(アクセル)というオファー、登録したら実態はHigh-Low Matic(ハイローマティック)という案件でしたので情報を掘り下げていきたいと思います↓

藤田守 AXEL(アクセル)

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

 

概要

インフォプレナー名 藤田守
案件名 High-Low Matic
AXEL(アクセル)
販売会社 なし
所在地 なし
電話番号 なし
メールアドレス mail@hlmatic-ms.net
URL http://axel2019.info/axl_0101/
備考

 

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

 

動画一覧

1話

 

藤田守 詳細

チラッと覗くだけで収入が増えていくとうたう藤田守のオファーが公開されました。

 

仕掛け人は藤田守氏。

 

さっそくこちらのオファーを覗いてみます。メールアドレスを登録すると下記のページが表示されます。

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

 

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

 

15万円を確約させるHigh-Low Matic 1ヶ月無料モニターというページが表示されました。藤田守氏のHigh-Low Maticについて短編動画も公開してます。<音声注意>

 

動画の内容ではバイナリーオプションで使用する海外証券会社 ハイローオーストラリアを例に藤田守氏が紹介するHigh-Low Maticというシステムを使用すれば口座残高が増えていくという内容でした。

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

 

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

 

証券会社にハイローオーストラリアを使用することからビジネスモデルは、バイナリーオプションということがわかります。ただ藤田守氏についてですが、過去にも似たようなバイナリーの案件を同様の手口で仕掛けています。

藤田守 ハイローマティック 評判は?実績者捏造疑惑あり

 

藤田守 AXEL(アクセル)には別のLPがあった

まずURLを紹介します。

今回のLPのURLは

http://axel2019.info/axl_0101/なんですがこちらを表示しますと下記のページに辿り着きます。

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

 

実はこのページ別のドメインでも表示されます。

【http://hlmatic-ms.net/hlmlp1pk/】になります。

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

 

全く同じですね。ドメインを変更しただけで全く同じ案件ということがわかります。ということは別のLPでも今後仕掛けられる可能性が十分に高いです。

【http://hlmatic-ms.net/hlmlp2or/】のLP

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

 

【http://hlmatic-ms.net/hlmlp3bl/】のLP

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

藤田守 AXEL(アクセル) High-Low Matic

 

今回の案件は間違いなく表面上ではAXEL(アクセル)と案件名を変更して、過去に販売したHigh-Low Maticの販売のため仕掛けられたということが濃厚です。

 

藤田守 High-Low Maticの評判は?

過去の再販という可能性が高いのであれば、バイナリーオプションで使用する自動売買システムを使用して利益を上げていくということになりますが、無料モニターですので、無料で使えるのであれば使ってみたい!といった人をターゲットに仕掛けているのは間違いありません。

無料モニターと聞きますと、顧客からしたらシステムが無料で使用できるというメリットがありがちかと思いますが、情報商材系のオファーは無料モニターという言葉を全面的に出して集客する傾向にあります。

【通常の無料モニターの流れ】

①無料モニター登録
②商品使用する、アンケート回答
③報酬

といった流れですが

【情報商材の無料モニターの流れ】

①無料モニター登録
②動画やメールで顧客を心理誘導
③有料のシステム販売、有料のコミュニティ勧誘

といった流れです。

メールや動画を用いて顧客を心理誘導するマーケティング手法をプロダクトローンチとも呼びます。プロダクトローンチは別名「断りづらくする手法」でもありますので、その後の有料商品を販売されたとしたら、購入してしまう人も続出します。

今回のシステムに限っては、そのシステムがバイナリーオプションなのでシステム販売ということになりますが、自動売買を使用したとしても相場を簡単に攻略できるほど甘くはない世界です。

経験者であればわかるかと思いますがバイナリーオプションはFXと違って、注文したら決済までの時間がカウントダウンされて利益確定になります。

もしバイナリーオプションを体験したことがない方はハイローオーストラリアのデモ口座をクイックデモという形で簡単に開設できるので体験してみてはいかがでしょうか。

藤田守 ハイローオーストラリアでは実は自動売買の使用NGだった!

ハイローオーストラリアでは実は自動売買ソフトの使用を禁止しています。QA欄でも表示してあるのがわかります。

 

口座の強制解約の条件として

・業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合

とはっきり記載していますね。

ということはハイローオーストラリアで自動売買ソフトを使用したら、いくら利益を出していても急に講座が凍結されるリスクが高いということです。

自動売買ソフトの使用以外にもハイローオーストラリアでは下記事項を禁止しています。

・市場操作
・不正取引
・偽造売買
・インサイダー取引

などなど

口座契約条件に記載されておりました。詳しくご確認したい方は下記PDFをご確認ください

ハイローオーストラリア口座契約条件PDF

 

藤田守 AXEL(アクセル) まとめ

藤田守のAXEL(アクセル)は

・過去の案件 High-Low Matic(バイナリー自動売買システム)の再販
・ハイローオーストラリアでは自動システムを禁止している
・口座凍結するリスクあり

とうことからシステムを購入して収益化できたとしても、口座凍結するリスクがあります。バイナリーオプションでお金を稼ぎたいのであれば自動売買システム以外にも相場の知識が必要不可欠です。

相場の世界は甘くはありませんので、地道に努力を積み重ねる以外に道はありません。

 

では。

 

返金対応でお困りの方はコチラ

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

 

すぐにでも返金したい!お急ぎの方はコチラ

「サポートと連絡がつかない…」

「商材を購入したが稼げない…」

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページですぐ返金請求をしていきましょう。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

関連記事

藤田守 ハイローマティック 評判は?実績者捏造疑惑あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください