藤本弦太 ARBITAO(アービタオ)実態は?その危険性とリスクについて

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

 

マメオです。

前回の第二話の内容に続き、

藤本弦太のARBITAO(アービタオ)の実態や危険性、

リスクについて記事にしていきます。

 

藤本弦太 ARBITAO(アービタオ)

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

 

LPはこちら

http://arbitaojp.com/lp1/

http://arbitaojp.com/lp2/

http://arbitaojp.com/lp3/

http://arbitaojp.com/lp4/

 

藤本弦太 ARBITAO(アービタオ)
第三話の内容は?

前回の第二話の内容で、

藤本弦太のARBITAO(アービタオ)のスキームは、

仮想通貨のアービトラージによる運用ということがわかりました。

 

仮想通貨のアービトラージについては、

取引所間の差額が大きいため稼ぎやすい

と言われていた時期はありましたが、

現在は値動きが収束し、

あまり稼げるものではないとされています。

 

また、アービトラージについては、

手作業で行うのはほぼ不可能であり、

稼ぐには優秀なシステムの制作が必要になります。

 

それを克服し誰でも簡単に稼げるようにしたのが

藤本弦太氏のアービタオというシステムのようです。

 

正確には藤本弦太氏が開発したものではなく、

イギリスのシステム開発会社が開発したシステムを

紹介しているというような類でしょう。

 

本当にイギリス発なのかすら怪しいですが、

サイトのクオリティを見る限りは、

もともとそういったHYIPのような

サイトがあってもおかしくはないです。

 

私の予想では、

どこからか流れてきたハイプ案件を自分のコンテンツにして、

ローンチの集客によって大量のダウンを集める戦略だと思います。

 

コンセプトや利回りもハイプそのものですので、

おそらくMLMのシステムも絡んでいるはずです。

 

その証拠に、

アービタオの管理画面を見るとアフィリエイトの項目があります。

 

しかも、レベル1、レベル2、レベル3という表記もあるので、

これは3ティアまで紹介報酬が入るということでしょう。

 

自分の紹介から3段階下の人までが報酬対象ということなので、

完全にハイプのシステムとなっています。

 

こうなってくると、

アービタオは自転車操業で破綻をするシナリオも見えてきますね。

 

そして新たに出てきたARBITAOの仕組みについて、

衝撃的な内容がありました。

 

それはアービタオには

資金ロックをされる期間があるということです。

 

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

 

このアービタオというシステムには4ヶ月間の満期があり、

それを終えると元金を引き出すことができるようです。

またしてもHYIPの要素が判明しましたね。

 

4ヶ月間は資金がロックされるということなので、

この期間に何かしらのトラブルがあれば、

自分の資金が取り出せなくなる可能性もあります。

非常に恐ろしいシステムです。

 

普通のアービトラージのシステムであれば、

自分のパソコンにインストールして、

資金管理も自分でできるのですが、

人に預ける系ですとかなり危険です。

 

なぜ満期を設ける必要があるのか、

なぜ4ヶ月なのか、

それが不可解です。

 

そして視聴者に夢を見させるための、

シミュレーションも出されていました。

 

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

 

1万ドルを預けるプランですと、

満期で209万円まで資産が膨らむようです。

 

日利0.75%も増えれば、

当然このような非常識な増え方になるでしょう。

 

経済常識的に考えてありえない数字であり、

実際に過去に流行っていたHYIPでは、

多くの方がこのような資料に騙されて資金を失ってきました。

 

4ヶ月は短いようでとても長く、

自分の資産がどうなるのかストレスの日々です。

 

しかもHYIPの大半は満期が来る前に破綻状態となり、

資産の運用がストップしたり、

満期になっても資金を引き出せなくなったり、

酷い場合は突然サイトが閉鎖されてしまいます。

 

そのような恐ろしさがありますね。

 

そしてさらに、

満期がすぎて4ヶ月目以降の運用を

複利で行なった場合についても説明がありました。

 

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

 

なんと1年後には

754万円以上になっているようです。

本当に夢みたいなお話です。

1年間このシステムがもつとは到底思えません。

 

また、新たな情報としてあったのが、

預ける最低資金のお話です。

 

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

 

少額からできるプランもありますが、

基本は最低入金額が1万ドルのようです。

 

流石に100万円は高すぎます。

初めから飛ぶ気満々なのでしょう。

 

そしてさらにですが、

意味不明でありえない保証があるようです。

 

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

藤本弦太 ARBITAO アービタオ

 

元本の完全保証という信用度ゼロの保証です(笑)

そもそも資産運用の代行形式のサービスで、

元本保証をつけることは違法です。

 

さらにこの保証ができる根拠もないため、

言葉だけの保証でしょう。

 

なんの契約も発生していないため、

法的にも無意味な保証であり、

資産が保全され必ず返ってくる根拠はどこにもありません。

 

藤本弦太のアービタオ第3話の内容からして、

この投資にはこれらのリスクがあります。

 

・元本喪失リスク

・サイト閉鎖リスク

・運用会社破綻リスク

・資金持ち逃げリスク

 

本当にアービトラージで運用されているのか自体、

全く信用が出来ませんので、

相当なリスクがあります。

 

もし過去に、

同様の情報商法商材の被害にあって

・お金を少しでも取り戻したい…

・販売者と連絡がつかない…

・今後どうすればよいのかわからない…

という方は下記をご参考ください。

 

では。

 

藤本弦太
続き記事

藤本弦太 ARBITAO(アービタオ)第4話の内容は?HYIP案件の実態に迫る…

 

返金したいけど
対応に困っている方は
まずはコチラから↓

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

 

情報商材、高額塾に騙されて
すぐにでも返金したい!
すぐに取り返したい方はコチラ↓

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください