マメオです。

 

前回から取り上げている、

吉田慎也氏のICO2.0 億り愛プロジェクトで、

ついに仮想通貨のSGコイン(ソーシャルゲームコイン)が発表されました。

 

同時にクリプトファンディングファミリーというコミュニティも発表されましたので、

今回はそれについて記事にしていきます。

 

吉田慎也 ICO2.0 億り愛プロジェクト

吉田慎也 ICO2.0 億り愛プロジェクト
吉田慎也 ICO2.0 億り愛プロジェクト

 

 

LPはこちら

第0話

 

 

吉田慎也 億り愛プロジェクト 第3話の内容は?

吉田慎也氏の億り愛プロジェクトは、

どうやら3話で最終のようです。

 

いよいよクリプトファンディングが開始される直前ですが、

動画の中身はやはり最後の追い込み動画となっていました。

 

やはり出てくるのは、

SGコインという仮想通貨に対して、

過剰な期待をさせる表現です。

 

 

買い煽りとも取れるこういった表現は、

投資をさせる上でよろしくありません。

 

前回の記事でも指摘しましたが、

配当される利回りの数字があまりに非常識すぎます。

 

どれだけ事業がうまくいっても、

ここまでの配当を出せる事業はそうありません。

 

ソーシャルゲームの市場であれ、

過去の大ヒットゲームでも、

ここまでの異常な配当を受け取っている投資家は

この世にはいないと思います。

 

 

資産が消えることはないというのはある意味正解ですが、

ほぼゼロに等しくなるリスクはありますのでご注意ください。

 

 

この世の中の大原則のお話になりますが、

こういった高利回りの投資案件などのチャンスは、

ここまで大々的に募集されることはありません。

 

チャンスが大きいものほど、

小さなコミュニティの中だけで出回ります。

 

大々的に募集がされているものについては、

チャンスとしては価値のないものがほとんどです。

 

これがこの世界の大原則です。

 

仮想通貨のエイダコインが爆上がりしたのは、

まだ誰も仮想通貨を話題にしていなかった2年前に

一部の人たちしか買っていなかった状態だったので、

あそこまで爆上がりしたのです。

 

すでに仮想通貨が知れ渡り、

多くの人がエイダコインを知って買い増しし、

その結果一時的にエイダコインは爆上がりしましたが、

後から入った人たちは高値掴みで損をしています。

 

結局世間に知れた段階で、

チャンスはないということです。

 

 

今回のSGコインについて、

ここまでの利回りがあるオイシイ案件でしたら、

とっくにお金持ちが買い占めています。

 

世の中には1千万〜1億くらいを投資できるお金持ちなんて

いくらでもそこらにいますので、

9億円分なんて本来は一瞬でなくなります。

 

それをわざわざこうやって、

一般の人たちに購入を促していること自体がおかしいのです。

 

そもそもな話ですが、

現在の日本の法律的に、

日本国内でICOの販売を行うことは

完全にアウトです。

 

もしかしたらすでに誰かが金融庁に通報しているかもしれません。

金融庁が圧力をかけ事業がストップした事例もありますので、

注意が必要になります。

 

SGトークンについては、

すでに募集ページが公開されており、

ここでも危険な表記がされていました。

 

 

リスクなくという表現を使った時点で、

投資案件としてアウトです。

 

投資には必ずリスクがありますので、

こういった表現は悪質です。

 

誤解を招く表現が沢山使用されていますので、

今後中身に問題が発覚した際に、

こういった点も争点になりますので、

必ず覚えておきましょう。

 

 

SG(ソーシャルゲーム)コインのホワイトペーパーや発行会社が公開されていない

 

今回のSGコインですが、

仮想通貨のICOでは必ず公開されている

ホワイトペーパーが公開されていません。

 

今後の予定や詳しい技術的な仕様が書かれている

ホワイトペーパーがないというものおかしいですし、

何よりも開発している企業や運営元の会社すらわからないという状況です。

 

こういった仮想通貨には、

必ず発行元、開発会社、運営会社やパートナー企業が存在しています。

 

普通はICOを行う際に、

ホワイトペーパーなどで公開されますが、

今回は全くわからない状態です。

 

販売ページには特商法の表記もありませんでしたので、

吉田慎也氏の会社すらわからない状態です。

 

もしSGコインを購入する際は、

必ず事前に聞いておきましょう。

 

ICO2.0 SGコイン(ソーシャルゲームコイン)は返金可能?

 

ここで問題となってくるのは、

ICOに投資したお金は返金してもらえるのか?

についてです。

 

基本的には投資なので返金はしてもらえません。

 

しかし、

中身が明らかな詐欺的な内容だったりした場合、

返金できることもありますので、

私に一度ご相談ください。

 

SGコインについて、

決済手段はビットコイン、イーサリアム、エイダコイン、

そして銀行振込がありました。

 

仮想通貨で決済をした場合、

返金をしてもらうのは相当難易度が上がります。

 

ただし、銀行振込の場合は

情報商材と同じように返金交渉がうまくいく可能性が高いです。

 

もし購入しようと思っていて不安な方は、

銀行振込での入金をお勧めします。

 

今後SGコインについては、

来年の8月へ向けて色々と進展があると思います。

 

その中で、

数々の嘘の発覚やトラブルもあることでしょう。

 

もし何かしらのトラブルがあって、

不安に思いこの記事を読んでいる方がいましたら、

まずは私にご相談ください。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。