田嶋秀一 メインサイトリライター(MSR)の評判とは?特典レビュー

Main Site Rewriter メインサイトリライター 田嶋秀一

 

マメオです。

 

アフィリエイトをしていく上で重要なのが「文章」。

 

しかし文章を書くこと自体が苦手な方もおり、

敷居の高さを感じている方も多くおられると思います。

 

今回取り上げるのは

そんな文章が苦手な方にうってつけツールです↓

 

田嶋秀一 メインサイトリライター(MSR)

Main Site Rewriter メインサイトリライター 田嶋秀一

Main Site Rewriter メインサイトリライター 田嶋秀一

 

 

URLはこちら:メインサイトリライター(MSR)

(リンク切れ)

 

 

販売者:株式会社T.P.L.Consulting 田嶋 秀一

 

 

記事を書くことが欠かせないアフィリエイト。

 

文章を書く事が苦手な人にとっては

記事を書くこと自体が非常に苦痛なことと思います。

 

しかしそれでもアフィリエイトをしたいという方も

中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな方の悩みを解消できるのが

田嶋 秀一氏の「メインサイトリライター(MSR)」です。

 

 

メインサイトリライター(MSR)の機能は

「他人の文章を簡単にリライトする」

これに特化したツールになっています。

 

リライトと言われると解りづらいかもしれませんが

「他人の記事の一部を変えて、オリジナル文章にする」という事ですね。

 

通常であればこの「リライト」という作業は手動で行うのですが、

元の文章をオリジナルに変えるために「語彙」が必要だったりします。

 

例えば「多い」という言葉を変えたい場合、

「沢山」「膨大な」「莫大な」といったように

同じ意味の文字などを置き換えていくわけです。

 

元々語彙が多い方であれば問題ないでしょうが

語彙が少ない方はいちいち検索して調べたりと面倒な作業です。

 

 

そんな面倒なリライト作業を簡単にできてしまうのが

この「メインサイトリライター(MSR)」です。

 

 

性能はレターにある動画を見ていただくと分かると思いますが、

置き換え可能な文字を判断して登録してある語句に置き換えるだけで

簡単にオリジナル文章が作れてしまいます。

 

もちろん元にする文章が必要にはなってきますが。

 

しかしながら非常に便利なツールであることは間違いないですね。

 

 

ただ実際にこのツールを使って

アフィリエイトに取り組む場合は

少し工夫して使う必要があります。

 

元の文章の語句を変えたところで

文章構成などが似通ってしまっていたら

読者にもリライトしているという事がバレてしまいます。

 

ですので自分の文章を少し付け加えたり、

文章構成を変えてみたりと工夫するのがいいでしょう。

 

自身で文章を書いて情報発信していくのが一番いいですが、

文章を書けない方にとっては非常に有用なツールでしょう。

 

特典に関してですが

下記レビュアーさんの書いた記事が

具体的に記載されていてとてもよかったです。

 

Haku:メインサイトリライターMSR(田嶋秀一)の特典付きレビュー|実践した評価を記す

 

 

もし過去に、

同様の情報商法商材の被害にあって

・お金を少しでも取り戻したい…

・販売者と連絡がつかない…

・今後どうすればよいのかわからない…

という方は下記のフォームをご参考ください。

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

1 個のコメント

  • こんばんは デコピーと申します。

    記事を書くときに、何をどうやって書けばいいのか
    悩むとき多いですよね^^;

    便利なツールがあるのですね^^
    こういうのがあれば作業も捗るかもしれませんね^^

    応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください