佐藤誠 猿真似ビジネス 評判

猿真似ビジネス 鈴木誠

 

マメオです。

 

何も考えず脳停止状態で人の真似するだけで

毎月50万円もの大金が貰えるという

佐藤誠氏の猿真似ビジネスが

開始されたのでシェアします↓

 

佐藤誠 猿真似ビジネス

猿真似ビジネス 鈴木誠

猿真似ビジネス 鈴木誠

 

 

URLはこちら:猿真似ビジネス

(リンク切れ)

 

販売者:株式会社RVC

 

 

鈴木誠 猿真似ビジネス

「2015年キングオブ副業」という形で

如何にも自信有り気な佐藤誠の猿真似ビジネス。

 

「誰でも稼げる」などの如何にも怪しい言葉が

レターには書かれています。

 

しかし蓋を開けてみると

「誰でも稼げる」とは程遠いビジネスだということが判明します。

 

ローンチ動画で明らかにされる猿真似ビジネスのビジネス内容は

「BUYMA転売で稼ぐ」というものでした。

 

 

BUYMAというのはファッション専門のECサイトで

日本では販売されていないような海外限定の商品を

日本にいながら購入できるということもあり、

未だに根強い人気を誇っています。

 

しかしビジネスでBUYMAに参入する方は

現在では以前より少なくなっています。

 

BUYMAのビジネスで以前稼がれてた方々も

徐々に撤退していっている現状があります。

 

 

その原因の1つに

「顧客の質が非常に悪い」という事が挙げられます。

 

 

BUYMAにおいての消費者層には

ショッピングを楽しむ目的の方もいらっしゃいますが、

中には詐欺行為などをして商品だけ手に入れようという方も

現在では非常に増えています。

 

例えば明らかに定価より安い値段で出品させようとしたり、

現物を見てから購入したいから商品だけ先に送って欲しいなど

現状のBUYMAではこういったことが横行しています。

 

仮に購入者として悪い評価を付けられたとしても

BUYMAでは1人でいくつもアカウントを持つことが可能なので

悪い評価などあってないようなものです。

 

新しいアカウントさえ作ってしまえば

評価が真っさらの状態から始めることが出来るので、

出品者側としては見極めが非常に難しいです。

 

こういった悪意のある購入者というのは

出品者に対していちゃもんや嫌がらせをしてくるので

これを嫌って撤退していく方が多い現状なのです。

 

 

またもう1つ原因のとしては

「BUYMAのサポート体制が悪い」という事も挙げられます。

 

 

BUYMAのサポートはよく言えば購入者目線。

 

悪く言えばトラブルの際には出品者側が負けやすいという事です。

 

BUYMAは出品者と購入者の直接取引になるので

トラブル自体が起こりやすいです。

 

そのトラブルに対して購入者側の意見が全く通らず

購入者第一の対処が取られてしまうので、

販売者としてはたまったものではありません。

 

トラブルの際に出品者側が高確率で負けるというのも

BUYMAを拠点にビジネスする方が少なくなった背景なのです。

 

 

上記の2点のようなことから

現在ではBUYMAでビジネスする方というのは

以前よりも減少傾向にあります。

 

そういった部分を狙ってか最近はBUYMA転売のオファーが出ていますが、

上記したようなリスクを考えるとおすすめできるビジネスではないです。

 

猿真似ビジネスが稼げないということではなく

BUYMAでのビジネス自体がかなり高リスクなので、

BUYMAでのビジネスは控えておいたほうがよいでしょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください