次世代LINEマーケティング塾を徹底捜査!詐欺 レビュー 口コミ 評判

次世代LINEマーケティング塾

数ある情報サイトの中から当サイトをご覧頂き

誠にありがとうございます。

管理人のマメオです。

ご相談やお問い合わせ、

ご質問、情報提供などがありましたら、
ご遠慮なくメッセージ等を頂ければと思います。

原則6時間以内の返信を心がけておりますので

お気軽にご連絡下さい。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。

info.tokusoubu.mameo☆gmail.com

スパム対策のため、@を☆に変えております。
ご連絡頂ける時は☆を@に変えて下さいね。

 

 

さて今回は

次世代LINEマーケティング塾

と「LINEリッチプロジェクト」のパクリ的な怪しい塾の登場です。

 

これは本当に得体の知れないものです。

 

まずこの、次世代LINEマーケティング塾ページ自体に

「特定商取引法」が表記されておりません。

 

普通ならしなければならないんですけどね。

メールアドレスを取る訳なのでプライバシーポリシーの表記もないというのは

どういうことでしょう。

私たち読者、ユーザーをなめているのでしょうか?

 

法律も知らない適当な初心者が販売している可能性が極めて高いです。

 

そして「LINEでお金儲け」と聞くと

LINEリッチプロジェクト」という”やらせ”商材を思い浮かべます。

 

この「LINEリッチプロジェクト」は

“やらせ”と”嘘”で固められた商材でしたし、

被害者が続出した商材です。

 

 

それに便乗して

「時代はLINEだ!」と言わんばかりのニュアンスで

ページが作られています。

 

そしてさらに怪しいのは、

ページで言ってる事が矛盾しすぎているという点です。

 

以下をご覧下さい。

次世代LINEマーケティング塾

次世代LINEマーケティング塾

 

このように「アフィリエイト」の時代は終わった。

「アフィリエイトでは稼げない」と言っている割には、

次の行に

LINEマーケティング塾 矛盾点

LINEマーケティング塾 矛盾点

 

と、「アフィリエイト」で稼ぐ方法などと言っています。

 

もう、やめてほしいですこんな糞みたいな商材。

 

ランディングページでこんなクオリティで

商品が素晴らしいはずがない。

 

詐欺の臭いしかしません。

絶対に買わない様にしてください。

 

賢い方なら次世代LINEマーケティング塾ページを見ただけで

ページを閉じるでしょう。

 

徹底捜査するまでもない、糞商材です。

 

くれぐれもこのような怪しい商材には手を出さないようにして下さい。

 

 

 

 

 

私は情報業界で死に際から這い上がってきました。

時代は進む中、様々なアプローチで情報弱者を騙し、お金を絞り上げている

詐欺師がいるこの業界ですが、

揺るぎないどっしりとした知識を知っておくだけで、

そういう情報に左右されず、全うな方法で稼ぎ続ける事が出来ます。

 

しかし、そういう情報を教えている人はごく少数の人しかいませんし、

本質的な所を教えてる人はごく稀です。

 

私は詐欺師に強い恨みがあります。

私の情報を受け取り、この業界、ネットビジネスの本質を知り、

キャッチコピーに振り回されるのは今日から終わりにしましょう。

私の知識、ノウハウを受け取り下さい。

 

>>メルマガ登録はこちらから<<

 

※ハンドルネーム、ニックネームでも大丈夫ですが、

ガキが使うようなとりあえず登録するといった適当な人は

こっから登録削除しますのでご了承下さい。

 

 

 

もしよろしければ、これ以上の被害者を出さないためにも

少しでも当ブログが参考になった方や、少しでも応援して頂ける方、

ぜひとも↓リンクをポチッとクリックして頂ければ幸いです。

応援の程、よろしくお願い致します。

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください