松井準のブックメーカー「LINE@ICシステム」の評判とは?再オファーの前兆か?

松井準 LINE@ICシステム

 

マメオです。

 

LINEに届いた通知に従うだけで

お金が稼げるとうたう松井準の

オファーが公開されましたので

記事にしていきたいと思います↓

 

松井準 LINE@ICシステム

松井準 LINE@ICシステム

松井準 LINE@ICシステム

 

 

URLはコチラ:LINE@ICシステム

http://b-ic.biz/lineic/lpv/line/

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

松井準 ブックメーカー「LINE@ICシステム」

まず無料で使ってみて、本当に稼げたら

その中から少しだけお金を支払う

そんな夢のシステムが遂に登場!

とうたうオファーが公開されました。

 

 

仕掛け人は松井準氏。

 

 

松井準氏といえば

昨年にも「LINE@ICシステム」という

まったく同じプロジェクト名のオファーを仕掛けています。

 

このことから間違いなく

過去の再オファーと言えるでしょう。

 

では過去のオファーも踏まえて

今回のオファーについて説明していきます

 

ビジネスモデルは「ブックメーカー」

 

今回仕掛ける

「松井準 LINE@ICシステム」は

ブックメーカーで稼ぐシステムです。

 

ブックメーカーというのは、

イギリス発祥の賭博ビジネスで競馬の他に、

スポーツの試合の勝敗や政治、

さらに芸能人の結婚など、

分野を問わずに賭け事を行うことです。

 

明日の天気の予想といった

身近な賭け事から、イギリスのEU脱退も

ブックメーカーで賭けられていました。

 

今回のオファーでは

そのブックメーカーで

LINEに届いた通知に従うことで

 

3タップするだけで

二週間後に30万円ほど稼げる

システムがあるとのことです。

 

 

一見見たら期待しがちな案件ですが

しかし、ブックメーカーの

ビジネスモデルを考慮すると

二週間後に30万円稼ぐのは

非常に難しいと言えます。

 

ではなぜ稼げないのか

ビジネスモデルを踏まえて解説していきます。

 

 

松井準 ブックメーカー
「LINE@ICシステム」
なぜ稼げないのか?

 

 

ブックメーカーの特徴といえば

賭け事を予想してBET注文を出すという流れですね。

 

そのことについては

特に異論はありません。

 

問題なのは

ブックメーカーを予想する

システムになります。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

システムで予想して

LINEで配信とうたってますが

予測するのははっきり言って

不可能と断言できます。

 

理由としまして

ブックメーカーで仮に

サッカーやテニスを予想するとしても

試合の状況というのは

選手のコンディション、天候という

非常に予測がしづらいという特徴があります。

 

 

スポーツを予想するには

これまでの統計をデータを

もとに予想するのですが

 

そのデータを分析するにも

労力と時間がかかりますし

 

そのデータ分析を

仮にシステムが行ったとしても

 

データ分析の結果が全部正しいとは言えません。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

ブックメーカーはいくら勝率が良くても

一回の負けで、稼いだ分がパーになることもあります。

 

 

別LPでは

再現性100%とも記載してますが

ブックメーカーはギャンブルでもありますので

再現性100%は絶対にないことは理解しましょう。

 

別のLP

 

http://b-ic.biz/lineic/lpv/present/

http://b-ic.biz/lineic/lpv/present/

 

 

松井準 ブックメーカー「LINE@ICシステム」
実は目的は〇〇だった

 

今回のオファーはローンチ動画で

通常であれば初期費用98,000円と

月額費2万円のサービスのブックメーカーの

LINE@ICシステムですが

 

初期費用を2週間の間だけ

月額経費を免除するとのことです。

 

つまり2週間だけLINE@ICシステムを

無料で使えるようですが

その、お試しで使用する際に

個人情報及びクレジットカードの入力欄があります。

 

これは無料で使えると見せかけて
クレジットカード入力を促す、販売手法で
消費者からするといつ料金が発生するのか
わからないので非常に悪徳とも言えます。

もしお試しで使用できるからと言って

クレジットカードを入力してしまいますと

無料期間終了後に間違いなく

費用がかかってきますので注意しましょう。

 

もし過去に、

同様の情報商法商材の被害にあって

・お金を少しでも取り戻したい…

・販売者と連絡がつかない…

・今後どうすればよいのかわからない…

という方は下記をご参考ください。

 

では。

 

返金したいけど
対応に困っている方は
まずはコチラから↓

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

 

情報商材、高額塾に騙されて
すぐにでも返金したい!
すぐに取り返したい方はコチラ↓

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください