山下健二郎 SABOシステムとは?評判は?バイナリーオプションで勝てるのか?

山下健二郎 SABOシステム

 

マメオです。

 

今回は、先日公開された山下健二郎氏の

SABOシステムについて書いていきます。

現在進行中で、検証を行っているところですが、

記事を書いていきます↓

 

山下健二郎 SABOシステム

山下健二郎 SABOシステム

山下健二郎 SABOシステム

 

 

LPはこちら(リンク切れ)

https://midea-japan.biz/gate/opchi/

 

 

山下健二郎 SABOシステムとは?

 

今現在話題になっている山下健二郎氏が行っている

SABOシステムは、

バイナリーオプションのシグナル配信です。

 

バイナリーオプションとは、

ドル円相場などを基準にして、

今の価格から〇秒後、〇分後に

上がっているか、下がっているかを当てる投資です。

 

上がるか下がるかを当てるだけという単純なシステムですが、

そう簡単に勝てるものではありません。

 

理由としましては相場をある程度読むことが出来れば、

短時間で資金を大きく増やせるのが魅力的ですが、

その分負けた時は掛け金額がすべて飛ぶので、

資金管理も相当難易度が高いです。

 

山下健二郎氏が仕掛ける

SABOシステムの最初の触れ込みでは、

 

LINEに届いた通知をタップするだけで、

2週間後に21万4千円を稼ぐ

とあります。

 

ここで、我々はこれが本当だったと仮定して、

いくらの資金でいくら賭ければこの金額を稼げるか

計算しなくてはいけません。

 

これを見て、ただ凄いと思っているだけではだめです。

 

仮に資金20万円を用意して1回に1万円賭けたとすると、

何連勝すればいいのかなどご自身の資金に合わせて計算しましょう。

 

1万円ですと複利で全力で回しても最低5連勝が必要です。

6連勝目で30万円越えの資金になります。

 

ただし、その間に1回でも負けると掛け金は全てなくなりますので、

もっと勝率を上げて賭けていかないと21万円は達成できません。

 

その点は甘く考えすぎないようにしましょう。

 

 

そして募集時の表現についてです。

 

年利500%以上連続達成

再現性100%

28か月連続黒字

 

こういった表現があります。

 

年利500%以上達成とありますが、

これについては、

本当に勝てるシステムであれば可能です。

 

ただし、

世間一般的に考えて異常な利回りですので、

非現実的となります。

 

それだけのリターンを得るには、

それなりのリスクが伴います。

 

投資はハイリスクハイリターンといったように、

リターンとリスクは対になっています。

 

ローリスクハイリターンはないということを

しっかり覚えておきましょう。

 

 

再現性100%という記載は完全に誇大でしょう。

100%は世の中にありませんので、

この点には注意が必要です。

 

もしこの後有料の商品が案内されて、

ここに記載していることが実現できなかった際は、

返金のお手伝いを行います。

 

 

28か月連続黒字という表現について、

証拠がなければ疑わざるを得ません。

 

28か月分の取引履歴が開示されれば、

それこそ信用が増しますが、

今後取引利益が開示されなければ嘘である可能性が高くなります。

 

また、

たとえ過去28か月黒字でも、

今後赤字にならないわけではないので

その点は気をつけましょう。

 

 

そもそもバイナリーオプションは稼げるのか?

 

世の中にはいろんな投資が存在します。

FX、仮想通貨、ブックメーカー、オンラインカジノ、競馬投資

そしてバイナリーオプション。

 

人によってはバイナリーオプションは

ギャンブルと思っている人もいるでしょう。

 

ただ、

それは半分正解で半分間違いです。

 

投資かギャンブルかは各々の捉え方次第です。

本人が投資としてやっているのか、

何も考えずにギャンブルとしてやっているのか、

FXであろうが競馬であろうがそれは同じです。

 

そして今回の山下健二郎氏のSABOシステムの核である、

バイナリーオプションという投資は勝てるのでしょうか?

 

もちろん、

シグナル配信の質にもよりますし、

世の中には勝てている人も存在しているので、

一概には言えませんが、

 

バイナリーオプションは

負ける可能性の方が圧倒的に高いです。

 

何故なら、

結局こういったギャンブル系のプラットフォームは、

胴元が必ず勝つように仕組まれているからです。

 

FXでもバイナリーでもブックメーカーでも、

結局はその場を提供している胴元が勝てるようになっています。

 

これは本質的な話になりますが、

胴元にとっては、

ユーザーが勝ちすぎると自分たちの収益が減るので、

ユーザーを負けさせるカラクリが隠されています。

 

最近話題のビットフライヤーの仮想通貨FXも、

賢い人はビットフライヤーが行っている犯罪ともいえるインチキに

気が付いています。

 

バイナリーの場合は、

賭け方によりますが、

勝った時は1.8倍程度で負けた時は全額没収であり、

明らかに不利な条件で行われています。

 

そして、

基準の値段から上がったのか下がったのか、

きわどいポイントで不正な判定を出して、

無理やり負けたことにさせるシステムも実はあります。

 

巷では、

バイナリーオプション業者を運営するための

システム一式が売られており、

そこにはユーザーを負けさせる仕組みが備わっています。

 

 

基本的にバイナリーオプションは、

そういった不利な環境でうまく立ち回って

稼がなくてはならないことを覚えておきましょう。

 

そして、

無料体験期間がおそらく2週間で終わって、

その後有料の配信が始まります。

 

その有料の配信になったとたん、

勝てなくなるというのは、

こういった世界ではあるあるですので、

明らかに販売前と様子が違った場合は、

返金のお手伝いをしますのでご連絡をください。

 

 

 

もし過去に、

同様の情報商法商材の被害にあって

・お金を少しでも取り戻したい…

・販売者と連絡がつかない…

・今後どうすればよいのかわからない…

という方は下記をご参考ください。

 

では。

 

返金したいけど
対応に困っている方は
まずはコチラから↓

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

 

情報商材、高額塾に騙されて
すぐにでも返金したい!
すぐに取り返したい方はコチラ↓

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください