加藤明 LINE@ビジネス塾 レビュー

LINE@ビジネス塾 加藤明

 

マメオです。

加藤明さんのLINE@ビジネスのバックエンドが遂に公開されました↓

 

加藤明 LINE@ビジネス塾

LINE@ビジネス塾 加藤明

LINE@ビジネス塾 加藤明

 

 

URLはこちら:LINE@ビジネス塾

(リンク切れ)

 

販売者:株式会社コレクト

 

 

加藤明 LINE@ビジネス塾

メルマガに変わる新たな媒体として注目されている「LINE@」。

 

以前は店舗を持っている方しか参入することができなかったLINE@ですが現在は店舗を持っていない方にも使えるようになった為ビジネスに転用しようとして始めている方も徐々に増えてきています。

 

今回のLINE@ビジネス塾はそのLINE@を使って稼いでいくという高学塾です。全てのローンチ動画を見て内容を確認しましたがメルマガのように王道的リストマーケティングを仕掛けていくようです。

 

ただLINE@がメルマガアフィリと違う点は「消費者との距離が近い」という点ですね。

 

メルマガだと一方的に送られてくる感が否めないですがLINE@はSNSなのでより消費者と密接な関係を作り出すことが可能です。実際はLINE@も一方的な配信という形になるのでメルマガとそう大差はないのですが、消費者目線で見ると「距離が近く感じる」という事ですね。

 

親密感が強くなることで「この人がおすすめするなら買おう」という消費者心理が働くので、うまく使っていばメルマガアフィリよりも成約率は高くなるでしょう。

 

しかし問題点はメルマガアフィリと同様に「リスト収集」ですね。リストが集まらなければアフィリエイトを仕掛けることができませんしどうしてもLINE@とは別の媒体からリストを収集しなければなりません。

 

ネットビジネスにおいてリストマーケティングは一番稼げますがこの「リスト収集」の部分で躓いて諦めてしまう方が多数おられます。リスト収集の為にブログやSNSの媒体を強くしていかないといけないですからね。

 

やはりその「媒体を強くする」という部分は非常に手間が掛かってしまうので諦めてしまうんですね。しかし加藤明のLINE@ビジネス塾では、この集客を「全自動収集アタッカー」というツールで解決するようです。

 

この自動収集アタッカーというツールを使うことでfacebook、Twitter、mixi、AmebaといったようなSNSを1日ワンクリックするだけで強くすることができるようです。

 

集客の動線を整えてからきちんとリストを温めてやれば少しオススメしただけでも商品は売れていきます。こういった面倒な作業を代わりにやってくれるツールというのは非常に便利ですね。

 

ただ全自動集客アタッカーというツールが本当に使えるツールの場合はですが。

 

というのも、全ての動画の中で自動集客アタッカーが動作している映像がありません。

 

本当に1日ワンクリックできちんとSNS媒体を強くできるのかという点が一切不明です。情報業界には嘘が蔓延っているので加藤明の口から出た言葉が嘘でない確証はありません。ですのでこのツールに関しては信ぴょう性がありません。

 

またツールは非常に便利なものであることは言うまででもないですがいつ使えなくなるか分からないという不安点もあります。

 

ツールを頼り切ることを前提にこのビジネスを開始してしまうとツールが使えなかったときやツールが対策されて使えなくなってしまった時に一切稼げなくなってしまいます。

 

ですのでもしこのビジネスを開始したいのであればツールに頼りきらないようにきちんと学んでいく必要がありますね。

 

加藤明のLINE@のノウハウというのは王道的リストマーケティングですので稼げないということはありません。

 

しかしツールの性能や対策された際の保険の為にも手動で媒体を強くする手法などはきちんと学んでおいた方がいいでしょう。

 

上昇志向が高くしっかりと知識とスキルを身に付けていける方であれば稼げるでしょうが、ツールに任せっぱなしでらくして稼ごうという方に関しては上記したツールの問題点などからして辞めておいた方がいいでしょう。

 

では。

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

もしそのような商品を購入してしまった場合には以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください