エメラルドオーシャンビジネスってどう?詐欺 レビュー 暴露

エメラルドオーシャンビジネス

数ある情報サイトの中から当サイトをご覧頂き

誠にありがとうございます。

管理人のマメオです。

ご相談やお問い合わせ、

ご質問、情報提供などがありましたら、
ご遠慮なくメッセージ等を頂ければと思います。

原則6時間以内の返信を心がけておりますので

お気軽にご連絡下さい。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。

info.tokusoubu.mameo☆gmail.com

スパム対策のため、@を☆に変えております。
ご連絡頂ける時は☆を@に変えて下さいね。

 

 

今回は影で話題の

エメラルドオーシャンビジネス

エメラルドオーシャンビジネス

エメラルドオーシャンビジネス

の内容が明らかにされましたのでその内容を徹底捜査をしていこうと思います。

 

結論から言うと、

このエメラルドオーシャンビジネスでは”稼ぐことは難しい”でしょう。

 

というのは、

まず内容なのですが、端的に言うと

「輸入代理店」になるというものです。

 

この時点で「?」という感じですね。難しいです。

 

海外で商品の“輸入独占権”というのを取得したあと日本国内で販売する

という流れです。

 

商品の”独占権”を取得するわけですから、

いくら説明書があったとしても初心者にはまず無理でしょう。

 

ちなみに独占権の取得の仕方は、最低限レベルでも、

販売権を持っている販売業者

独占販売代理店契約

というものを結ばなければなりません。

 

そして、これは「個人」単位では独占権を取得すること自体厳しいのです。

 

これには審査があり、

通常はテスト期間を経たり、販売業者側の調査や代理店候補選択基準の

厳しい条件にパスした会社に独占権が与えられるものです。

 

ちなみに一般的な条件を抜粋してきました。

1.その市場の市場占有率X%以上の継続した販売能力があること。(金額も設定)
2.そのブランドにふさわしい販売網構築と顧客サービス能力があること。
3.問題が発生したときメーカに代わって解決能力(メーカの利益保護)があること。
なお独占販売権には期間とテリトリー(販売地域、たとえば全日本、関東地区のみ、九州のみなど)が定められます。

一定期間に目標を達成しなければ他社に権利を移行したりメーカ自身が日本に販売会社を設立することもあります。

独占販売権を得た商品でも並行輸入品(そのメーカの他の販売テリトリーから買い付けられた商品)や

偽ブランド品との戦いが発生するのが通常です。

何も問題ないのはメーカの市場管理が厳しいか、その商品にあまり魅力(市場性)がない場合です。

 

そして、エメラルドオーシャンビジネスのページに

競合不在と書いていましたが、絶対に競合はいます。

 

 

少し内容を書いただけでもこのエメラルドオーシャンビジネスは

相当な「スキル」「時間」「労力」が必要な感じですね。

 

いくら動画や説明書があったとしても初心者には

かなり敷居の高い内容になるに間違いないでしょう。

 

管理人はこのエメラルドオーシャンビジネスは絶対にお勧めしません。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください