【参加厳禁】五十嵐司のCREATE BILLIONSの評判とは?

五十嵐司 CREATE BILLIONS

 

マメオです。

 

本物の本物による本物のための環境とうたう

五十嵐司のオファーが公開されましたので

情報を掘り下げていきたいと思います↓

 

五十嵐司 CREATE BILLIONS

五十嵐司 CREATE BILLIONS

五十嵐司 CREATE BILLIONS

 

 

URLはコチラ:

LP1:https://create-billions.com/st01-gafa/

LP2:https://create-billions.com/

LP3:https://create-billions.com/st03-ovha/

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

五十嵐司 CREATE BILLIONS

”返金主義、拝金主義、楽して儲けたい利己主義”

頭のおかしい”甘ったれ情弱”は絶対参加厳禁!!

というオファーが公開されました。

 

 

仕掛け人は五十嵐司氏。

 

 

LPをみたところ

これまでのオファーとは違い

なにもせず稼げる

スマホ○タップで稼げる

といったLPとは違い

 

「楽して稼ぎたい人は参加厳禁」と

真っ向から否定しているので

クリーンなLPのように感じます。

 

 

 

 

これまでのLPは

楽して稼ぎたい系のLPが非常に多く

私自身もオファーが公開されるたびに

 

「そんな楽して稼げる方法なんてあるわけないだろ!!」

と毎度思いながらレビューしていました。

 

 

なのでこのLPは比較的好感が持てるLPになりますが

別LPでは以下のようなLPとなっています。

 

 

●LP2

 

 

●LP3

 

 

特にLP2ではCREATE BILLIONSでは

CREATE BILLIONS二期生募集プロジェクトと記載されています。

 

 

 

 

ってことは過去にCREATE BILLIONS1期生を募集していたということですが

調べたところ検索結果に表示されませんでした。

 

 

 

 

ちなみに「クリエイトビリオン」とカタカナで検索かけても

具体的な情報は表示されませんでした。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

検索結果に表示されない時点で

本当に「クリエイトビリオン」の1期生が存在するのか

信用しがたい部分はありますが

仮に本当に1期生がいたとして、評判が良いのであれば

参加者の声としてLPに入れてもおかしくありません。

 

しかしCREATE BILLIONS2期生プロジェクトは

専用のフェイスブックグループが存在しますので

そのグループ内でやり取りが行われているものと推測されます。

 

 

ただ一番の決め手は「五十嵐司」で

検索かけても一切情報が出てこないので

イマイチ信憑性にかける部分はありますが

おそらくグループ内の規約で

情報漏洩を一切禁止しているのが

わかる部分でもあります。

 

現段階で公開前の案件となりますので

引き続き調査を追っていきたいと思います。

 

もし過去に、

同様の情報商法商材の被害にあって

・お金を少しでも取り戻したい…

・販売者と連絡がつかない…

・今後どうすればよいのかわからない…

という方は下記をご参考ください。

 

では。

 

返金したいけど
対応に困っている方は
まずはコチラから↓

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

 

情報商材、高額塾に騙されて
すぐにでも返金したい!
すぐに取り返したい方はコチラ↓

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください