【現役ネイリスト】鳴海めぐによる日給30万円のm1プロジェクトとは?矢竹次郎との関係が怪しかった…

鈴木健二 株式会社アドバンス M−1プロジェクト 鳴海めぐ 日給30万円 矢竹次郎

 

マメオです。

 

仕事中に2回クリックするだけで

日給30万円稼いだとうたう現役ネイリストの

鳴海めぐから無料オファーが届きましたので

情報を掘り下げていきたいと思います↓

 

鳴海めぐ M−1プロジェクト

鈴木健二 株式会社アドバンス M−1プロジェクト 鳴海めぐ 日給30万円 矢竹次郎

鈴木健二 株式会社アドバンス M−1プロジェクト 鳴海めぐ 日給30万円 矢竹次郎

 

 

 

URLはコチラ:M−1プロジェクト

(リンク切れ)

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

M−1プロジェクト 鳴海めぐ

 

やることは指示に従って、

クリックするだけでOK!

時間は3分!すでに150名以上が稼ぎはじめていますとうたう

オファーが開始されました。

 

 

仕掛け人は鳴海めぐ氏。

 

 

鳴海めぐ氏は現役ネイリストで片手間に

とある手法を使って日給30万円稼いだとのことですが

1日わずか3分という短時間で大金を稼いでいます。

 

 

1日3分という短時間から

なんらかの投資系ビジネスと判断できますが

 

 

鳴海めぐ氏はFacebookで

以下のページを公開しております

それがコチラ↓

 

 

 

Facebookのヘッダー画像を見る限り

取引履歴の画像になりますが

こちらの画像は

 

ハイローオーストラリアという

バイナリーオプション業者を使っております↓

 

 

 

ハイローオーストラリアの特徴といえば

オレンジ色なので鳴海めぐ氏は

ハイローオーストラリアを使って

取引しています。

 

 

ですので、

鳴海めぐ氏が行っている

ビジネスモデルはバイナリーオプションになります。

 

 

バイナリーオプションというと

無料オファーでもよくある案件なので

ご存じの方も方も多いかと思われますが

 

インターネット上の通貨を取引する

ビジネスモデルで相場が

上がるか下がるかを予想する

シンプルなビジネスモデルとなります。

 

シンプルさ故に、

参入する初心者の方も

多いのですが

 

なにより

プロの相場の渦中に混ざって

初心者が取引するので

確実に勝てるとはいえず

日給30万円なんて程遠い

夢物語と言えます。

 

さらに

鳴海めぐ氏はFacebookのヘッダーに

ハイローオーストラリアで稼いでいる写真を

挙げておりますが、この利益が

本当に鳴海めぐ氏本人が稼いでいるのか

不透明な部分もあります。

 

不透明な上にFacebookは

現在2016年12月で止まっております

更新頻度は少ないです。

 

Facebookで投稿していたと思われる

ブログも現在閉鎖されており

本当に日給30万円稼いでいるのか

疑わしいところですね。

 

 

 

そんな方が

なぜバイナリーオプションをしているのかといいますと

調べてみたところ矢竹次郎氏の教え子さんのようです。

 

矢竹次郎氏とは

 

過去に

・マネーフィックスゲーム

という投資系商材を出しており

 

あまり評判がよくなかったとのことです。

 

ちなみに矢竹次郎氏と

鳴海めぐ氏の2ショットはコチラ↓

 

 

なにやらセミナーのような風景がしておりますが

サングラスをかけている方が矢竹次郎氏になります。

 

セミナー中にずっとサングラスをかけて

講師をするというのは言うまでもなく

参加者に失礼な行為ともいえ、

人としてのマナーを疑います。

 

そんな方が、投資をしていて

稼いでいると思いますか?

 

仮に稼いでいても

信ぴょう性は薄いといえます。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

Facebookを調べていきますと

矢竹次郎氏のページもありました↓

 

 

 

鳴海めぐ氏と同じく

矢竹次郎氏のFacebookページも更新が止まっております。

 

写真を見る限り

何枚かハイローオーストラリアでの取引履歴とも言える

写真がありますが矢竹次郎氏本人が

 

取引しているという証拠は一切なく

取引画像が他の投資家が稼いでいる写真という可能性も

存分にあります。

 

 

そもそも、鳴海めぐ氏自身が

本当に日給30万円稼げるのなら

ネイリストの仕事をする必要性がまったくなく

専業トレーダーとして生きていけるでしょう。

 

ですが鳴海めぐ氏自身の過去を遡ってみても

矢竹次郎氏の教え子としてしか紹介されていなく

鳴海めぐ氏自身が投資家としての証明をする

確固たる実績がありません。

 

そもそもと取引画像ですが

いくらでも偽造ができるので

信用出来ないわけです。

 

 

Facebookページでは

セミナー講師のように登壇されているようですが

バイナリーオプションの知識を本当に理解しているのか?

考えられ実際には稼いでいない可能性もあります。

 

 

 

今回のM1-プロジェクトも

商材名は変わっていても

 

内容は矢竹次郎氏が過去に出した商材

マネーフィックスゲームとまったく同じ。

つまり過去商材の再販もあります。

 

 

矢竹次郎氏も鳴海めぐ氏

お二方がどんな関係でジョイントして

投資ビジネスを組んだのか不明ではありますが

怪しい雰囲気が漂うのは事実ですね。

 

実際に稼いでいる証拠がない限り

矢竹次郎氏と鳴海めぐ氏のオファーは

避けておいたほうが無難でしょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください