【捏造発覚】金森力のSHAREプロジェクトの評判とは?国連に表彰?上場確定コイン?

金森力 SHAREプロジェクト

 

マメオです。

 

金森力の100倍以上になることが確定している

ICOというオファーが公開されたので

詳しく解説していきます↓

 

金森力 SHAREプロジェクト

金森力 SHAREプロジェクト

金森力 SHAREプロジェクト

 

 

URLはコチラ:

http://cryptoasp.net/movie/chap1/

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

金森力 SHAREプロジェクト

上場が確定しているコインの

ICOに参加することで

誰でも億万長者になれる

というオファーが公開されました。

 

仕掛け人は金森力氏

 

一般的に、企業がICOを行うメリットとしては

コインの開発資金を稼ぐことにあります。

 

ところが、本オファーでは

既にコインが完成しているばかりか

上場日も決まっているらしく

そもそもICOを行う理由が全くないという状況です。

 

しかも、その点についての説明が一切されていないことから

最終的に高額な支払いが待ち構える

詐欺オファーを疑わずにはいられませんね。

 

それでは、LPと動画の内容を参考に

ビジネスモデルについて確認していきます。

 

嘘の実績

ビジネスとしては

仕掛け人の金森力氏が開発した

コインを購入する

というシンプルな内容です

 

ただし、今のところは

コインの仕組みや名称などの

最も重要な情報は一切明かされていません。

 

そして、動画では開発者の

金森力氏の実績が紹介されているのですが

確認すると明らかなフェイクであることが判明しました。

 

金森力氏の実績について、動画内では

過去に有名なアプリ開発に関わっており

ワールドサミットアワードで国連から受賞された

と説明されています。

 

 

 

 

その証拠として

受賞時の写真が2枚紹介されました。

 

 

その写真が下記の二枚です。

 

 

 

一見見るとワールドサミットアワードで

受賞されているような雰囲気が漂う写真ですが

その写真に疑惑が浮上しています。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

実は写真が以下のURLにある

海外企業の公式サイトの写真を加工して流用しているようです。

 


 

引用URL:

https://coderdojo.com/news/2016/07/11/coderdojo-named-global-champions-at-world-summit-awards/

 

 

引用URL:

https://blog.meniga.com/meniga-awarded-united-nations-global-champion-for-driving-digital-innovation-with-positive-social-bf87a81c3881

 

 

動画内の写真と比べてみると

光の加減を調整して顔は隠されていますが

構図などから2枚とも同一の写真であることは明らかですね。

 

ちなみに、リンク先の元の画像は

Social coinというスペインの会社が受賞した時のもので

当然、本オファーの仕掛け人とは全く関係がありません。

 

悪質オファーではデタラメな情報が堂々と記載されていますが

それでも大抵の場合は、調べても本当か嘘か分からないように

ある程度の工夫はされているものです。

 

ましてや、加工前の画像を探し出せるなんて

詐欺案件であることが丸わかりとなっています。

 

 

雑な情報公開

期間を空けて徐々に動画を公開していき

情報を小出しにすることで、視聴者の注意を引きつける

というのは悪徳商材の常套手段です。

 

しかし、本オファーの場合

公開されている1話目の最後には

「次回、上場日を完全公開!!」

と視聴者を煽っているのですが

なぜかLPでは既に

上場日が7月7日と公開されています。

 

上場日の公開は仮想通貨の価格変動に

大きな影響を与える要素ですが

それがアクシデントのように公表されているとは

信憑性が高い低い以前にもはや呆れてしまいます。

 

また、特定商取引法に基づく表記

は当然のように記載されておりません。

 

SHAREプロジェクトで稼げる?

開発者の経歴がデタラメで

動画やLPも手抜きの適当な内容であることから

本オファーで大金など、とても稼げないばかりか

そもそもコインの開発自体が嘘という可能性が極めて高いです。

 

今後の展開としては

コミュニティ参加費や商品購入などの名目で

高額な支払いが発生するかと思われますが

支払い後に冷静さを取り戻したとしても

素直に返金してもらえることはほとんどありません。

 

ただし、本案件の場合は

明らかに特定商取引法に違反しているため

法的には必ず返金してもらうことが可能です。

 

悪質オファーに対する返金については下記にある

詐欺商材 返金方法

というページで解説しているので

ぜひ参考にしてください。

 

もし過去に、

同様の情報商法商材の被害にあって

・お金を少しでも取り戻したい…

・販売者と連絡がつかない…

・今後どうすればよいのかわからない…

という方は下記をご参考ください。

 

では。

 

返金したいけど
対応に困っている方は
まずはコチラから↓

情報商材 返金方法・返金請求や弁護士ご紹介!高額塾の返金テンプレート文章あり

 

情報商材、高額塾に騙されて
すぐにでも返金したい!
すぐに取り返したい方はコチラ↓

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください